■トップページ > 定期預金関連ニュース > 定期預金関連ニュース

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

お役立ちコンテンツ

定期預金関連ニュース:
あおぞら銀行 定期預金6ヶ月0.15%、1年0.25%

定期預金に関連する最新のニュースをコメント付きでご案内します。今週のニュースはこちら。
2017/12/4 <あおぞら銀行

あおぞらネット定期

編集部からのコメント

2016年1月に「マイナス金利政策」が発表されてから、銀行の預金金利は大きく引き下げられています。マイナス金利政策の下では「新しく預かった預金」が銀行から見て損となる可能性が高く、「預金が増えるのも減るのも困る」状況となっているわけですね。

ただマイナス金利発表から2年近くが経過し、さらに日銀の金融政策が一部変更になったこともあり、昨年から比べれば市場金利はプラス金利水準に回復しています。今のところ預金金利は全く反応しておりませんが、多少は預金金利も上昇することを期待したいと思います。

さて今回取り上げるあおぞら銀行は、多くの銀行の預金金利が超・低金利に留まる中、積極的な定期預金金利を提供しており人気が高まっています。

中でもあおぞら銀行インターネット支店はより好条件なわけですが、12月から「冬キャンペーン」が始まり、さらに金利がアップしていますね!そのあおぞら銀行インターネット支店の「あおぞらネット定期」は以下のような金利水準となっています(2017年12月4日現在)。

あおぞら銀行インターネット支店/あおぞらネット定期

 ・6ヶ月:年0.15%
 ・1年:年0.25%
 ・3年:年0.15%
 ・5年:年0.15%

  ※いずれも税引き前・年利・2017年12月4日現在

1年ものだけ0.25%であとは0.15%というあおぞら銀行恒例の金利設定ですが、この中で選択肢となるのはやはり、その1年0.25%と、それより期間の短い6ヶ月0.15%、ということになるのでしょうね。

また、50万円からこの金利が付与される点もメリットに加えていいかもしれません。預入金額によっては金利が下がってしまう銀行もあるので注意が必要です。

ではここで最近の市場金利がどうなっているかと言うと、1年もの市場金利と5年もの市場金利はこうなっています。

◆1年もの市場金利



◆5年もの市場金利



どちらも上記の通り昨年と比べれば上昇していますが、それでも金利水準自体は低いままですし、また今年に入ってからは上昇が止まっていますね。

こうして見ると、やはりこのあおぞら銀行の定期預金金利は「赤字覚悟の戦略的な金利設定」ということになるのでしょう。少しでも有利な定期預金をお探しの方は検討してみてはいかがでしょうか。

>>>あおぞら銀行インターネット支店のあおぞらネット定期について詳しくはこちら

ちなみに毎回ご案内していますが、「もう少し金利動向を見てから考えたい」という方にはオリックス銀行2週間定期預金がお勧めです。2週間で満期が来る利便性もさることながら、金利も年0.05%です。

>>>オリックス銀行の最新金利はこちら

こちらも参考になさってください。


今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

コンテンツ・インデックス

最新版!定期預金 金利比較
預貯金の目安〜みんなはいくらくらい貯めているの?
ライフイベントから考えよう!人生のあのイベント、このイベント、一体いくら必要?
今さら聞けない、預金保険とペイオフのこと
今後の金利見通し/2018年7月更新
定期預金の基礎知識
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
各銀行の口コミ
定期預金関連ニュース
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
定期預金の基礎知識




クチコミ募集中

定期預金に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。


メールの場合はこちらから mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP