■トップページ > 預金・貯金・資産運用の悩み相談室<男性「合同会社M&Sについて」>

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

お役立ちコンテンツ

預金・貯金・資産運用の悩み相談室

預金・貯金・資産運用に関する読者の方々の悩みに回答していきます。ご相談はこちらから。
今月のお悩みは・・・

男性「合同会社M&Sについて」


質問 :そちらのサイトに何度か掲載されている合同会社M&Sについて問い合わせをさせて頂きます。

私は先日合同会社M&Sと契約をさせて頂きました。契約の決め手は日本では珍しい物言う投資家としての投資スタンスに共感を得たからです。そこまでは良かったのですが、最近になって合同会社M&Sの設立者兼投資責任者が社内のクーデターによって退任させられたという情報を耳にしました。

合同会社M&S側からはそれらの報告はなかったのですが、気になって営業担当のY・N氏に確認をしたところ、曖昧な回答しかもらえなかったため、あらためて社長のM・N氏と面談をしたところ、現在の合同会社M&Sは責任者兼運用責任者の人間は2月時点で会社から退任している事実を知らされました。現在は証券会社での個人営業出身の20代の社員をファンドマネージャーとしていると聞かされました。投資運用の経験はないとの事。

社長のM・N氏と営業のY・N氏からは何の問題もないから心配するな、と言われたのですが証券会社営業出身のファンドマネージャーの経験もない20代の若手に自分の大事なお金がリスクに晒されてると聞いて黙ってはいられません。合同会社M&Sは運用責任者がいなくなってからは連月マイナスを出し続けており、不安が強くなったので解約を申し出たのですが、全く応じてもらえませんでした。

弁護士にも助けてもらい、何度もお願いしたところ、やっと解約を了承してもらいました。今回の件で御社のサイト情報の信憑性が理解出来ました。

少なくとも合同会社M&Sは無登録スキームを使って何も分からない素人から資金を集めてた、ノンプロな素人集団が運営している詐欺集団である事は理解できました。今後も合同会社M&SのM・NやY・Nのような悪党には深く切り込んで頂けることを期待しております。

<男性>


回答 : 読者の方から上記のような質問というか報告をいただきました。他に預金・貯金・資産運用に関するお悩み相談があれば月1回程度の頻度で回答していこうと思いますので、もし質問したいという方はこちらの投稿フォームから送信してください。もちろん個人情報は不要です。

さて内容に戻りまして、定期的に投稿いただく合同会社M&S社についてですね。合同会社M&S社についてはこれまで以下のようなコラムを書いておりますので参考になさってください。

>>>運用リターン30%超!M&Sは魅力的?

今回ご案内いただいたポイントとしては以下3点かと思います。

・設立者兼投資責任者が社内のクーデターによって退任させられ、証券会社・個人営業出身の投資運用の経験のない20代の社員をファンドマネージャーとしている。

運用責任者がいなくなってからは連月マイナスを出し続けている。

・解約を申し出たが、全く応じてもらえなかった。

事実だと由々しき状況だと言えますが、ただ現時点ではこの指摘が正しいのかどうか分かりません。全くのウソという可能性もあります。これから同社に投資しようとされている方や、すでに投資されている方はぜひご自身でこの指摘が正しいのかどうかチェックしていただければと思います。

ただ少なくとも言えることは、2018年4月現在、M&S社の運用実績のページが見当たらなくなっているということです。2018年3月時点で掲載されていた運用成績はこちらでした。



>>>合同会社M&Sについて、本当に信用しても大丈夫なのでしょうか?

なぜ当サイトがこの成績を把握していたかと言えば当然のことながら同社HPで公表されていたからですが、それが現時点で見当たらないということは・・・上記「設立者兼投資責任者が社内のクーデターによって退任させられた」「運用責任者がいなくなってからは連月マイナスを出し続けている」という指摘事項との符合が気になるところです。

とは言いつつ繰り返しになりますが、投稿者がご案内いただいた内容が正しいのかどうか当サイトでは判断できません。

他方で当サイトが繰り返し指摘しているのは以下3つです。

1.本来、ファンドの募集・販売は登録や免許が必要なところ、「合同会社の社員権販売」という「抜け穴」を通じて資金集めをするのは脱法行為であり、投資家保護の仕組みも不十分であるから手を出してはいけないこと。

2.M&S社の前身と目されるキャロライナパートナーズ社が「無登録」で金融商品取引業を行っていたことから、金融庁が警告を発していたこと。

3.関係者の投資信託ランキングサイトなどを通じて1位と喧伝するなど、巧妙なステルスマーケティングを行っていると目されること。

中でも分かりやすいのが1つ目の「合同会社の社員権販売」というスキームですね。このスキームを続けている限り検討の余地はありません。

投資の是非を考えるのは、このM&S社が金融庁から登録や免許を受けてからでよいと思います。登録や免許を受けられればという話ですが。

参考になさってください。

>>>預金・貯金・資産運用のお悩み相談はこちらから

>>>最新の定期預金比較/金利ランキングはこちら

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

コンテンツ・インデックス

最新版!定期預金 金利比較
預貯金の目安〜みんなはいくらくらい貯めているの?
ライフイベントから考えよう!人生のあのイベント、このイベント、一体いくら必要?
今さら聞けない、預金保険とペイオフのこと
今後の金利見通し/2018年7月更新
定期預金の基礎知識
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
各銀行の口コミ
定期預金関連ニュース
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
定期預金の基礎知識



クチコミ募集中

定期預金に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。


メールの場合はこちらから mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP