■トップページ > 定期預金関連ニュース > 定期預金関連ニュース

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

お役立ちコンテンツ

定期預金関連ニュース

定期預金に関連する最新のニュースをコメント付きでご案内します。
2010/02/17 <日経ウーマン>

シングル・一人暮らしでもできる!貯蓄総額1000万円以上を達成した読者の貯めワザ公開

 お金はしっかり貯めつつも、スキルアップしたり、暮らしを楽しんだりしている貯蓄上手な読者2人をご紹介。貯蓄総額が1000万円を越えるまでの軌跡と、その方法を教えてもらいました。前半の今回は貯蓄総額3000万円を達成したマイコさんです。

■こんなふうに貯蓄した

毎月、先取りで財形で貯蓄。やりくりして余った分を、給料日前に後取り貯蓄で普通預金に貯めている。普通預金は、ある程度貯まったところで、多少金利の高い定期預金に。また、ボーナス200万円はほぼ全額を貯蓄に回すので、一気に貯蓄額を増額することができる。

■徹底的にムダ遣いを排除したことが勝因に

 金融会社の営業担当として活躍するマイコさん。長年一人暮らしを続けながらも、彼女の資産は財形と円預金、外貨預金で約3000万円! しかも、そのほかに株式投資にも挑戦しているというからスゴイ。
「貯め始めたのは20代から。直接のきっかけは忘れましたが、漠然と貯蓄はしておいたほうがいいだろうと思っていた気がします。財形などを利用しながらコツコツ貯めて、30歳のときに1000万円を突破しました」。

 その頃にはすっかり節約と貯蓄のコツを体得していたため、30代以降の貯蓄ペースはさらにスピードアップ。現在、月収は手取りで28万円で、年収は約620万円だが、その半分近くにあたる300万円を、年間の貯蓄に回せているそうだ。

「月々の貯蓄はだいたい8万〜15万円程度。毎月2万5000円を財形、5000円を株式投資に回し、あとは給料日前に手元に残った分を後取り貯蓄で貯めています。約200万円のボーナスは、実家に少し渡す以外、すべて貯蓄に回すのがポリシー。このペースで、7年間で2000万円以上貯めました」。

 強制的な先取りではなく、ほとんど後取り貯蓄なのに貯められるのは、費目ごとに予算を決めて支出をパソコンで管理し、ムダな出費を抑えているから。

「ムダ遣いをしないという意識は、常に頭のどこかにあります。だから定価でものを買うことはまずないし、コンビニや会社の売店といった割引のない店には行かない。もちろん、買ったものをムダにすることもありません。タクシーを使わないのはもちろん、電車でも1〜2駅くらいは歩きます。おかげで5年前より体重も体脂肪も減りました(笑)」。

 そんなマイコさんの目標は、5000万円貯めること。

「将来のためにマンションを買いたいので、最低5000万円は欲しい、と思っているんです。そのためにはもっと貯蓄のペースをアップさせたいので、すでに始めている株式投資や外貨預金の比率をもう少し増やすことも考えています」。

編集部からのコメント

貯金や節約の話になると、なぜか女性の方が主人公になりますね。なぜでしょう?女性は一般的に貯金や節約が好きなのでしょうか?また、男性は一般的に貯金や節約が嫌いなのでしょうか?

一般的な例ではないかもしれませんが、マネー誌などを思い浮かべると、節約や貯金が中心の「あるじゃん」は女性向けの誌面のような気がします。一方、投資が中心の「日経マネー」や「ZAI」などは男性向けの誌面のような気がしますね。

女性週刊誌やワイドショーで貯金や節約ネタを見た気はあまりしませんが、少なくとも男性週刊誌や夕刊紙などでは貯金・節約ネタは皆無ですね。株式投資関連の情報はちょくちょく掲載されていますけれど。

昔は銀行に行くのは奥さん、証券会社に行くのは旦那さんという棲み分けがあったような気がしますが、周りを見渡してもいまだ「お小遣い制」の男性諸氏が多いところを見ると、やはりお金の「管理」は女性の方が向いているのでしょうね。

さて、今回のコラムで取り上げられているマイコさんも「お金の管理」型の方法で37歳にして何と約3,000万円も貯めているということなのですごいですね。

しかもさらに驚きなのは、何と一人暮らしをしていること!記者のステレオタイプなイメージだと、自宅通いの人は貯金ができて、一人暮らしの人は貯金ができない、というのがグローバル(?)スタンダードだと思っていましたが、この方の場合はそのハンデを乗り越えての3,000万円の貯金ですから、本当に頭が下がります。

もちろん金融機関勤務で、年収620万円というのは、この時代では恵まれている方なのかもしれませんが、とはいえ1ヵ月の生活費をわずか12万円に抑えているのはすごいですね。

食費が2万8,000円ということは1日1,000円足らず。うーん、ちょっと想像できないですね。

娯楽・レジャー費と交際費を合計して月2万円。これが男性諸氏で言うといわゆる「お小遣い」になるわけですね。37歳でお小遣いが月2万円という男性諸氏はお見かけしたことがありません。

やはり全般的にはマイコさん、相当、「やり繰り上手」ということは間違いないですね。もしかすると「達人」のレベルかもしれません。

しかも「マンションがほしいので貯蓄の目標は5,000万円」ということですが、もしかしてマイコさん、現金で買おうとしています!?マンションは、普通ローンで買うものですから!(笑) 

いやはや、すさまじい貯蓄習慣のマイコさん。すごいと思いますが、それだけでなく見習えるところは見習いたいですね。

オススメはやはり財形など「給与天引き」のシステムで強制的に貯蓄するのと、あと「電車でも1〜2駅くらいは歩きます」で思い出しましたが、駅までバスの場合は自転車に切り替えるとバス代が浮きますね。健康にもいいですし。

「我慢する」系の貯蓄は忍耐が必要になってきますので、給与天引きもそうですがなるべく「我慢していることを意識しない方法」が長続きしそうですね。マンションをキャッシュで買うのは無理にしても、頭金2割くらいは貯めたいものです・・・。

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

クチコミ募集中

定期預金に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。

mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP