■トップページ > 定期預金関連ニュース > 定期預金関連ニュース

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

お役立ちコンテンツ

定期預金関連ニュース

定期預金に関連する最新のニュースをコメント付きでご案内します。
2010/02/24 <日経ネット>

もみじ銀と広島銀、カープ応援定期今年も 成績次第で金利上乗せ

 もみじ銀行と広島銀行は、プロ野球広島カープの今シーズンの成績によって金利を上乗せする定期預金をそれぞれ発売する。もみじ銀が1995年に取り扱いを始め、広島銀も新本拠地の完成を機に昨年開始。カープと連動した預金の扱いで地元銀行としての存在感をアピールする。

 もみじ銀は3月1日、「カープV預金2010」の取り扱いを開始。利率の上乗せ幅はカープがセントラル・リーグで優勝した場合が0.3%、2位の場合は0.2%、3位の場合は0.1%。預入額が500万円以上の預金者にはマツダスタジアムでのペア観戦券(S指定席)を贈呈する。6月末まで扱う。

 広島銀は順位と観客動員数を合わせて金利を決定。主催試合の動員数が165万人以上で優勝した場合は0.3%、3位以上だった場合は0.2%、4位以下だった場合は0.1%を上乗せ。165万人に達しなかった場合の上乗せ幅は0〜0.2%。3月3日から7月30日まで扱う。昨年は544億円の預金を集め、今年は700億円を目標にしている。

編集部からのコメント

この時期になると各プロ野球チームを応援する定期預金というのはもしかすると風物詩なのかもしれませんが、こちらは広島カープを応援する定期預金ですね。

広島カープ。以前は広島東洋カープでしたが、味わい深いチームですよね。12球団一、なのかどうかは知りませんが低年俸の貧乏球団であるのは間違いなく、それでも若い戦力をしっかり育て健闘しています。

今や阪神の顔となった金本も広島出身ですよね。昨年は5位に甘んじましたが成績は65勝75敗。確かに負け越しましたが、それほど大崩していないですよね。それもそのはず防御率が3.59と、3位となったヤクルト(3.97)より低いです。

監督(ブラウン氏)が一番有名なチームという側面はありましたが、大打者はいないけれど、投手陣がしっかりがんばるチームということなのでしょうか。

順位はともかくとして、20回観戦すれば9回は勝利ゲームが見られるわけで、ファンとしても一応、納得できる水準ですかね?

さて、せっかくなので広島の年俸水準を調べてみました。

■プロ野球 球団別年俸総額ランキング

1位 阪神(35億3,410万円)
2位 ソフトバンク(32億6,940万円)
3位 中日(27億1,610万円)
4位 ロッテ(26億8,170万円)
5位 巨人(26億6,506万円)
6位 西武(22億8,840万円)
7位 ヤクルト(20億6,090万円)
8位 日本ハム(20億4,940万円)
9位 横浜(19億9,800万円)
10位 オリックス(16億9,160万円)
11位 楽天(16億1,010万円)
12位 広島(14億2,460万円)

■プロ野球 球団別平均年俸ランキング
1位 阪神(5,794万円)
2位 ソフトバンク(5,273万円)
3位 巨人(4,676万円)
4位 ロッテ(4,325万円)
5位 中日(4,311万円)
6位 西武(3,576万円)
7位 ヤクルト(3,324万円)
8位 日本ハム(3,305万円)
9位 横浜(3,275万円)
10位 オリックス(2,728万円)
11位 楽天(2,684万円)
12位 広島(2,298万円)

素敵です!圧倒的に貧乏ですね。あの記録的な負け方をしていた楽天よりも少ないですね。うーん、これは愛されそうですね。

シンデレラしかり、白雪姫しかり、美女と野獣しかり、やはり愛されるキャラクターというのは薄幸でないといけません。久米宏氏や奥田民生氏も熱烈なカープファンであることを隠しませんが、やはり広島カープは愛されるツボというものを持っているのかもしれません。

そんなカープファンの気持ちを受け止めるのが、もみじ銀行と広島銀行がそれぞれ提供するカープ応援定期というわけですね。

もみじ銀行が提供する定期預金は、カープがセントラル・リーグで優勝した場合が0.3%、2位の場合は0.2%、3位の場合は0.1%を優遇するというものです。

広島銀行が提供する定期預金は、主催試合の動員数が165万人以上で優勝した場合は0.3%、3位以上だった場合は0.2%、4位以下だった場合は0.1%を上乗せするというもので、165万人に達しなかった場合の上乗せ幅は0〜0.2%ということです。

率直に言って、上乗せ幅としてはショボイですね。カープが優勝したのは91年にさかのぼります。要はもう20年近く優勝していないわけで、これで優勝したなら0.3%と言わず、3%くらい上乗せしてもいいくらいだと思いますが、残念ながら相応のリスク管理をしないといけないのが銀行というものですね。

やはりこの定期預金も経済合理性ではなくあくまで「郷土愛」「カープ愛」の中で語られるべきものなのでしょうね。

ちなみに昨年は広島銀行の場合、544億円も集めたようですね。すばらしい。

とは言いつつ、尼崎信用金庫の有名なタイガース応援定期は、昨年の設定額は2,707億円のようですね。もみじ銀行と広島銀行はぜひこの金額を抜けるようがんばってください!


今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

クチコミ募集中

定期預金に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。

mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP