■トップページ > 定期預金関連ニュース > 定期預金関連ニュース

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

お役立ちコンテンツ

定期預金関連ニュース

定期預金に関連する最新のニュースをコメント付きでご案内します。
2010/04/13 <JCAST>

3月のマネーストック2.6%増 定期預金伸びる

日本銀行が2010年4月12日に発表した3月のマネーストック速報によると、代表的な指数の一つである「M2」(現金や国内預金など)の月中平均残高は、前年同月に比べて2.6%増の766兆円だった。ただ、伸び率は前月よりも0.1ポイント鈍化。5か月連続で縮小している。

M2に定期預金や譲渡性預金(CD)などを加えた「M3」は1065兆円で、前年同月比2.0%増。前月比では横ばい。このうち、定期預金にあたる「準預金」の伸びは前年同月に比べて2.3%増の551兆円だった。M3に国債や外債、投資信託などを加えた広義流動性は同1.0%増の1440兆円となった。

なお、同日発表された09年度のマネーストック統計は、「M2」が前年度比2.9%増、「M3」は2.0%増。なかでも、「準預金」は2.8%増となり、1990年度(3.1%増)以来、10年ぶりの高い伸びとなった。

企業や個人などがリーマン・ショック後に定期預金などの安全資産を増やしたことがうかがえる。

編集部からのコメント

日銀は「マネーストック統計」として定期的に世の中のお金がどこにあるのか統計調査を行っています。今回の統計結果を簡単に要約すれば「主に定期預金が増えている」ということですね。定期預金にあたる「準預金」は2009年は2008年と比較して2.8%増加している、とのことです。

不景気なのに定期預金が伸びるのも奇異な感じがしますが、とは言えよく考えれば、例えばハンバーガーを食べた500円は確かに自分のサイフからは消えますが、その500円そのものが消えるわけではなく、誰かのフトコロに入るだけであって、どこかで存在しつづけます。

誰かがどこかで紙幣を燃やして、貨幣を溶かしているなら別ですが(笑)、そんなことをする人は稀でしょうし、恐らく何かの罪になるでしょうから、やはり「お金の量」というのは基本的には減らないのですね。

というわけで、不景気とはお金そのものが減ることではなく、お金の「流れ」が減ることであり、お金の「めぐり」が悪くなることです。川は干上がっているかもしれませんが、水自体はどこかに溜まっているわけですね。そしてそれが日銀の統計資料によれば、どうやら主に定期預金という湖にたまっているのではないか、ということになります。

ということは景気をよくしようとすることは簡単で、とにかくお金をグルグル動かせばいいわけで、みんなが例えば毎月もう1万円何かを消費すればいいわけですね。何でもかまいません。飲みにいってもいいし、おいしいものを食べてもいいし、どっかに旅行にいってもいい。あるいは毎月1万円分、何かをすててもいい。みんなが毎日、ゴハンを食べた後のお皿を割れば、すぐに1万円くらいいくのではないでしょうか(笑)。

1万円×1億人=1兆円ですから、それだけで日本のGDPが年間12兆円増えます。実際には、そのお皿の原材料メーカーや、お皿の運送会社もあるわけでもっと増えるかもしれませんね。

また税金でお金を吸い上げて、それをばんばん使っても、人為的にお金の流れを増やすことは可能ですね。今は、税金でお金を吸い上げずに、ただ使っているだけなので借金がふくらんでいっているわけですが。

とは言いつつ、それらが本当に社会にとってプラスになっているのかどうか、生活がよりよくなっているのかどうか、そしてみんながより幸せになっているのかどうか、考えないといけませんね。上記のお皿の例のように、経済というのは、表向きは賢そうで「生産的」なイメージがありますが、実際のところは意外に不自然で、非生産的でバカバカしい側面もありますね。仕事をしているとどうしても世の中を経済でとらえがちですが、経済バカにならないよう気をつけたいところです。

と、思いっきり当サイトの趣旨とは関係のないコメントを述べてしまいました。

預金者の立場から言えることは、今のように放っておいても預金にお金が集まる状態のときは、銀行は決して預金金利を上げないということでしょうね。おかげさまで預金金利は現状、かなり無残な状態です。

景気が良くなれば、景気の過熱を防ぐための金利政策として金利が上昇しやすくなりますが、それに加えて株や投信などの「競合商品」にもお金が流れるわけで、銀行の「資金調達」の観点から言っても金利は上がりやすくなるでしょうね。貸し出しの資金需要なども増えるでしょうし。

やはり高金利の定期預金を望むためにも、景気回復を祈りたいところですね。とはいっても、お皿を割る気はしませんが(笑)。

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら





クチコミ募集中

定期預金に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。

mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP