■トップページ > 定期預金関連ニュース > 定期預金関連ニュース

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

お役立ちコンテンツ

定期預金関連ニュース

定期預金に関連する最新のニュースをコメント付きでご案内します。
2010/09/07 <毎日jp>

預金金利、相次ぎ引き下げ


 三菱東京UFJ銀行は3日、普通預金の金利を現行の0.04%から0.02%に引き下げると発表した。ゆうちょ銀行も同日、定額貯金や定期貯金の金利引き下げを発表し、2年の定期貯金は現行の0.08%から0.06%になる。市場金利が低下しているためで、両行とも6日から実施する。

編集部からのコメント

最近の金利低下を受けて、定期預金金利は次々と下がっておりますが、今度はついに、ただでさえ低い普通預金の金利がさらに下がるというニュースですね。三菱東京UFJ銀行の普通預金金利が9月6日から、0.04%から0.02%に下がったようです。

あとはもう0.01%しか金利がありませんから超低金利に逆戻りですねー。

しかし0.02%というと、100万円預けて1年で利息が200円。税金が2割取られますので手取りでは160円ということですね・・・交通費にもなりません。デフレが懸念されている昨今ですので、元本が維持されていれば、実際にはお金の価値は増えていると言えるのかもしれませんが、にしても低いですね。

世界経済の回復にともない、金利も順調に回復するかと思いましたが、経済というのはなかなか一直線には行かないですね。上がったり下がったりを繰り返しながら徐々に上がっていったり、徐々に下がっていったりするものなのでしょう。

金利上昇を期待されている方はもうしばらく忍耐が必要そうです。

ちなみに市場の金利はどうなっているかと言うと、1年ものの金利でこんな感じですね。

◆1年もの市場金利グラフ



0.4%前後というレベルです。ということはつまり1年ものの定期預金で0.4%以上の金利が出ることは考えにくいということですね。

ちなみにトレンドとしては全般的にはこの3ヵ月ずーっと右肩下がりなわけですが、9月に入って少し上昇していますね。10年ものの長期金利で見るとこんなグラフになっています。

◆10年もの長期金利グラフ



こちらはもっと顕著に上昇していますね。相変わらずの低金利ではありますが、それでも1.2%前後まで上昇してきました。なぜこんなに金利が急上昇しているかといえば、それは間違いなく、民主党の代表戦で小沢氏が勝利し、小沢総理が誕生する可能性が高まってきたからですね。

小沢政権誕生により、景気が回復し、金利が上昇することが予想・・・されているわけではなく、バラマキにより国の借金がさらに増えることが懸念されてこの金利上昇が起きているのでしょうね。もし景気回復が期待されているのであれば1年もの金利はもっと上昇していいはずです。

誰も国の借金を増やしてまで金利を上げてほしいと願ってはいないと思いますので、誰が総理になるにせよ、財政再建は切実にお願いしたいところではありますが、政治の話とは別に、預金者としては金利がターニングポイントを迎えつつあるかもしれない点は、頭の片隅に入れておいたほうがよさそうです。

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら





クチコミ募集中

定期預金に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。

mail@xn----1eujk4t7btdb7179dbgh70ec72amh8ab1n42ay002bx7ja3941a.com

PAGE TOP