■トップページ > 定期預金関連ニュース > 定期預金関連ニュース

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

お役立ちコンテンツ

定期預金関連ニュース

定期預金に関連する最新のニュースをコメント付きでご案内します。
2010/09/28 <日経プレスリリース>

横浜銀行、期間限定でプレゼント付き定期預金の取り扱い開始


〜横浜銀行創立90周年記念〜


プレゼント付き定期預金(期間限定)の取り扱い開始について


 横浜銀行(頭取 小川 是)は、創立90周年を記念して、お客さまへの感謝の気持ちを込めて、平成22年10月1日(金)より期間限定でプレゼント付き定期預金の取り扱いを開始します。
 期間3か月以上の定期預金(50万円以上)を新規に作成されたお客さまの中から、抽選で合計9,990人のお客さまに、神奈川県ゆかりの旅館宿泊券やカタログギフトなどの賞品が当たります。対象の定期預金を作成された場合は自動的に抽選の対象となりますので、応募手続きは不要です。また、窓口だけでなく、ATMや〈はまぎん〉マイダイレクト(インターネットバンキング、テレフォンバンキング)で作成された定期預金も対象となります。
 概要については、下記をご覧ください。詳細な内容については、9月27日(月)以降、店頭および当行ホームページで公表します。


 記


◇お取扱期間
 平成22年10月1日(金)〜平成22年12月30日(木)


◇内容
 お取扱期間中に、期間3か月以上の自動継続型定期預金50万円以上を新たに預け入れされたお客さまの中から、抽選で合計9,990人のお客さまに以下の賞品をプレゼントします。
 【特賞】湯河原 泊まれる料亭「懐石 海石榴(つばき)」ペア宿泊券<90組180名さま>
 【A賞】小田急百貨店カタログギフト「ハーモニック」(5,775円相当)<900名さま>
 【B賞】横浜銀行創立90周年記念オリジナル クオ・カード(1,000円分)<9,000名さま>
 ※預け入れ金額や預け入れ回数にかかわらず、抽選はお一人さま一口となります。
 ※当選発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます(平成23年2月上旬発送予定)。


◇適用金利
 店頭表示金利


◇対象
 個人(個人事業主を含む)のお客さま

編集部からのコメント

9月というのは期末で、3月ほどではないにせよ、商材によっては商戦が盛り上がるものもありますが、こと定期預金に関してはボーナスシーズの端境で盛り下がる時期ですね。折りしも市場の金利も低下傾向ですから仕方ないところかもしれませんが、今週末には10月を迎えるわけで、いろいろと新しいキャンペーンが出てくることを期待したいと思います。

さて今回取り上げたのは横浜銀行が創立90周年を記念して、プレゼント付き定期預金を取り扱うというニュースですね。上記の通りではありますがキャンペーン内容は以下の通りです。

◆横浜銀行「創立90周年記念〜プレゼント付き定期預金

・取扱期間:平成22年10月1日(金)〜平成22年12月30日(木)
・対象預金:新規に設定した、期間3か月以上の自動継続型定期預金
・預入金額:50万円以上
・プレゼント内容:
  特賞 / 湯河原 泊まれる料亭「懐石 海石榴(つばき)」ペア宿泊券 <90組180名>
  A賞 / 小田急百貨店カタログギフト「ハーモニック」(5,775円相当) <900名>
  B賞 / 横浜銀行創立90周年記念オリジナル クオ・カード(1,000円分) <9,000名>

まず店頭表示金利は、300万円以上でも1年で0.04%ですから、無いに等しいですね。
したがって金利狙いではなく、プレゼント狙いで行った場合にどれくらいの利回りとなるのか考えてみたいと思います。

抽選権は金額にかかわらず1人1口付与されますので、せこく50万円だけ預入することを考えてみます。

次に当選する確率ですが、全部で9,990名=約1万人ということです。キャンペーンページを見てみると、キャンペーン名は「ひとりひとりに、ありがとう。キャンペーン」ということですね。これは参加者のほとんどが当選する規模であることを強く示唆しておりますね。

仮に2人に1人くらいしか当たらない確率であれば「ふたりにひとり、ありがとう。キャンペーン」となりますよね、多分。ということで必ずどれかに当たると想定します(保証はできませんが)。

一番、当たる確率の高い1,000円のクオカードで計算してみると、50万円で1,000円もらえるわけですから、単純に計算すれば利回りは0.2%ということになります。ただし、預入金額3ヵ月で0.2%の利回りということは年利に直すと0.8%相当ということになります。

さらにこれは「手取り」なので、他の定期預金と同じように「税引き前」で計算すると年利1%相当ということになりますね。

また定期預金の金利もわずかながら入ってきて、その利率が0.03%ですから、あわせて合計で「年利1.03%相当」ということになります。

そう考えれば結構魅力的に感じるかもしれません。

とは言いながら結局、手にすることのできる金額は1,000円+αなわけですし、横浜銀行に入金して、3ヵ月後に出金する振込手数料やATM手数料などを考えれば、本当に魅力的かどうかは要検討かもしれません・・・。

むしろ、A賞や特賞を狙っていく「お楽しみ」部分を評価すべきキャンペーンなのかもしれませんね。

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら





クチコミ募集中

定期預金に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。

mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP