■トップページ > 定期預金関連ニュース > 定期預金関連ニュース

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

お役立ちコンテンツ

定期預金関連ニュース

定期預金に関連する最新のニュースをコメント付きでご案内します。
2010/12/09 <PRタイムス>

30代男性の「将来への不安度」61% “環境問題”と“髪”は同じぐらい不安!


30代女性の“肌プランニング”に最適なスキンケア「アクアフォースシリーズ エキストラライン」を発売しているオルビス株式会社(東京都品川区)は、30代女性に向けたWEBサイト「肌プランニング応援サイト」をオープンするにあたって、30〜39歳の男性500名に「人生プランニング」に関する調査を実施した。


◆調査対象:30〜39歳 男性 500名(未婚/有職)
◆調査期間:2010年11月17日〜19日
◆調査方法:インターネット調査

■ 30代男性の「将来への不安度」61% “環境問題”と“髪”は同じぐらい不安! 


最初に、「『将来への不安度』をパーセンテージで表すと、何%ですか」と聞いたところ、平均は「61%」となった。なかでも、10%と、10人に1人は「将来の不安度が20%以下」と回答した。ちなみに、前回30代女性(未婚)500名に調査した結果(※)では、平均が「66%」となっており、全体的に、女性のほうが将来に対する不安度が高い傾向にあるようだ。

男性が「将来に対して不安に思っていること」としては、「お金」が70%と第1位に。僅差で、「仕事」が69%となり、7割の男性は「お金」と「仕事」について強く不安を抱いている結果となった。3位以降は、「健康」(42%)、「結婚」(36%)と続いた。また、「自分の髪」が7%と、「環境問題」(7%)と同率となり、30代の男性にとっては、『環境問題と自身の髪は同じぐらい不安』といえるようだ。※複数選択


■ 女性よりも男性のほうが危機感無し!? 3割が「何も将来対策をしていない」
                          
30代は男性にとっても女性にとっても、仕事やプライベートで様々な変化がある時期だろう。そんな30代は、将来への不安に対してどのような対策をしているのだろうか。

「将来に向けて対策していること」としては、「お金」がトップで50%。続いて、「健康」(34%)、「仕事」(34%)、「結婚」(15%)となった。一方で、「対策していることは何もない」と回答した人は32%となり、3人に1人は「何も将来対策をしていない」という結果になった。

女性への調査結果(※)と比較してみると、女性で「対策していることは何もない」と回答した人は25%となり、男性のほうが7%も多かった。

そして、「将来に向けて、これから対策をしたいと思うこと」は、「お金」が62%で第1位。次いで、「仕事」(54%)、「健康」(47%)、「結婚」(41%)と続いた。ちなみに、「肌」と回答した人は20%、「自分の髪」だと回答した男性は19%で、現代の男性は「髪」よりも「肌プランニング」をしたいと思っている実態が明らかになった。※複数選択




さらに、「自分のことをノープランだと感じることがありますか」と聞いたところ、「ある」という人が80%。こちらは、女性への調査(※)86%よりも少ない結果となった。男性が「ノープランだと感じる時」として、「預金残高を見たとき。(35歳・埼玉県)」、「年齢に対する収入の低さを感じるとき。(30歳・三重県)」など、とにかく「お金」に関して不安を感じるような現実を目の当たりにすると、「ノープラン」を実感するという人が多かった。


■ 8割が「女性には“肌プランニング”して欲しい」! 女性の肌に「100万円以上」投資できる!


とにかく、「仕事」と「お金」に関して不安度が高く、将来に向けて対策を講じたいと思っている30代男性。しかし、8割がノープランだと感じ、3割が対策を何もしていないという実態が明らかとなった。男性は女性の将来プランニングに関してどう思っているのだろうか。

「女性と男性どちらが将来設計力があると思いますか」と聞いたところ、71%となんと7割以上が「女性」と回答。その理由としては、「子育てなど持って生まれた将来設計能力は高い。(30歳・大阪府)」、「家庭を守る存在だから。(34歳・千葉県)」などの子供・家庭に関する理由をあげる人が多かった。また、「頭がいいし行動力もある。(38歳・福岡県)」といった女性にとっては嬉しい意見もある一方で、「計算高い。(37歳・奈良県)」、「したたか。(39歳・東京都)」という意見もあった。

女性の将来プランニング力には一目置いている男性が多いようだが、実際に女性はどんなことに向けて対策をするべきだと思っているのだろうか。

「女性が将来に向けて対策をしたほうが良いと思うこと」としては、「健康」が74%と第1位。続いて、「お金」(70%)、「肌」(69%)、「結婚」(65%)、「家族」(62%)、「仕事」(58%)となり、「特にない」とする男性はわずか10%に留まった。 約9割の男性が女性も何らかの対策が必要だと考えている結果となった。

(以下略)

編集部からのコメント

以前も取り上げましたが、オルビス社の「人生プランニング」に関する調査。その男性版が公開されておりましたので取り上げたいと思います。調査対象は30〜39歳のなぜか未婚男性500名。未婚に絞ってしまうと、特に人生プランニングにおいてはかなりのバイアスが出てしまいますが、本来的には「女性のお肌」に関する調査なので、「現役」である独身者を対象にしている、ということなのでしょう。

確かに既婚者を入れると男性も女性も「お肌」への関心はかなり薄まってしまうものと思われます・・・。

それはさておきその結果ですが、将来に対して不安に思っていることは、

1位:お金 70%
2位:仕事 69%
3位:健康 42%
4位:結婚 36%
5位:家族 22%

ということになっております。ちなみに「自分の髪」を心配しているのはわずか7%ですが、環境問題を心配しているのも7%となっており、冒頭の「“環境問題”と“髪”は同じぐらい不安!」というタイトルにつながっております。嘘ではありませんが・・・モノはいいようですね。

で、同独身女性が将来に不安に思っていたことは何だったかというと以下の通りです。

1位:お金 79%
2位:仕事 54%
3位:結婚 43%
4位:健康 41%
5位:家族 39%

男性は仕事のことへの不安が強いことに対して、女性はダイレクトにお金への不安がある、ということですが、しかし全体的に見れば「不安の中身はほぼ同じ」と総括してしまってもいいかもしれませんね。

次に「将来に向けて対策していること」は男性の場合はこのような結果になっているようです。

1位:お金 50%
2位:健康 34%
3位:仕事 34%
4位:何も対策をしていない 32%
5位:結婚 15%

一方の女性はこのような結果ですね。

1位:肌 46%
2位:お金 39%
3位:健康 37%
4位:何も対策をしていない 25%
5位:仕事 22%

上記記事では「女性への調査結果と比較してみると、女性で対策していることは何もないと回答した人は25%となり、男性のほうが7%も多かった。」と、やや男性の将来対策に批判的ですが、一方で女性の将来対策のトップは「肌」になっており、お肌で「お金」、「仕事」、「結婚」、「健康」といった不安が軽減されるかというとそうではないでしょうから、どっちもどっち、ということですかね。

しかし男性の不安のダントツのトップが「お金」と「仕事」なわけですから、将来に向けての対策として最も有効なものは「仕事」のような気がしますが、仕事は34%と意外に低いですね。毎日、仕事はしているけれど、今の仕事では将来像が描けないということなのでしょうか?仕事を極めて専門性を身に付けることが最も将来の「お金」や仕事」への不安解消に結びつきそうですけれどね。どうでしょう。

なお女性向け調査の時は、貯金額の平均が316万円で、5人に1人が貯金がゼロだった、などと赤裸々なお金に関する調査結果も発表されておりましたが、今回の記事ではそこには触れられておりませんね。

そもそもこういう調査の時には、詳細な調査結果が一緒に発表されるものですが、今回は見つけることができませんでした・・・残念です。

いずれにせよ男女問わず、お金が貯まってくれば不安のかなりの部分は軽減されそうですから、もちろん仕事は頑張るにしても、貯金も同時に早め早めに始めておきたいものですね。あとから数百万円・数千万円貯金しようと思うとかなり大変になってきます。

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら





クチコミ募集中

定期預金に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。


メールの場合はこちらから mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP