■トップページ > 定期預金関連ニュース > 定期預金関連ニュース

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

お役立ちコンテンツ

定期預金関連ニュース

定期預金に関連する最新のニュースをコメント付きでご案内します。
2010/12/16 <ビジネスメディア誠>

年始に立てた目標は実現できましたか?


 上海万博やワールドカップといった国際的なイベントが開催されたり、iPadが発売されたりするなど、さまざまなことがあった2010年。個人的にはどんな年だと思っている人が多いのだろうか。


 GABAの調査によると、2010年はどんな1年だったか漢字1字で表現してもらうと、トップは「忙」で6.7%。以下、「苦」が4.9%、「変」が3.9%、「楽」が3.3%、「疲」が3.2%で続いた。


2010年をイメージした漢字(出典:GABA)

 一方、2011年はどんな1年になるかについても聞くと、トップは「楽」で8.0%。GABAでは「比較的明るいイメージの単語が上位に挙げられ、忙しかった1年から楽しい1年へとポジティブな期待をしている人が多いことがうかがえる」とコメントしている。

年始に立てた目標、半数は実現

 「1年の計は元旦にあり」という言葉もあるが、年初に立てた目標は実現できたのだろうか。「2010年の最初に立てた目標」を聞くと、最も多かったのは「貯金」で23.2%。以下、「ダイエット」が18.6%、「男子・女子としての魅力アップ」が16.7%、「資格を取得」が13.9%、「就職・転職」が12.5%で続いた。「目標は立てなかった」という人も21.6%いるようだ。


 年代別に見ると、「貯金」の割合は下の年代ほど高くなり(40代18.0%、30代20.8%、20代33.6%、10代20.4%)、「目標は立てなかった」の割合は上の年代ほど高くなる傾向にあった(10代10.4%、20代14.0%、30代30.0%、40代32.0%)。




 ちなみに年始に立てた目標のうち、実現された目標は全体の19.5%。実現しそうな目標の26.9%も合わせると、半数近くの目標は達成されそうであるようだ。


 インターネットによる調査で、対象は15〜49歳の男女1000人(男性500人、女性500人)。調査期間は11月3日から5日。


編集部からのコメント

もう年末なわけですから、今年を振り返る調査なども出てくるわけですね。上記記事は英会話のGABAが実施した調査結果を紹介しています。

まず今年1年を漢字1文字で表現すると・・・1位から「忙」「苦」「変」「楽」「疲」「暑」「迷」とまぁ、ほとんどネガティブな言葉が続きますね。ここまでくるとちょっと笑えないですねぇ。やはり日本人の不幸せ指数は高めなのでしょうか?

記者はなんでしょうね。挑戦や失敗が例年になく多かったような気がします。良かったことも悪かったことも含めて「濃」い1年だったですかね・・・。充実していた、のとはちょっと違いますが、いろいろな体験ができた濃い1年でございました。

さて、この調査では2010年の年初の目標も聞いておりまして、以下のような順になっております。

・2010年年初目標
 貯金    :23.2%
 ダイエット  :18.6%
 魅力アップ :16.7%
 資格取得  :13.9%
 就職・転職 :12.5%

なんか中身がずいぶん若いですね!記者の目標を「魅力アップ」としたらキモイ!といわれそうですが、よく見てみたら、回答者の1/4が10代ですね。20代が1/4、30代が1/4、40代が1/4という配分になっております。半分が30歳未満ということを考えれば、「貯金」だったり「ダイエット」だったり「魅力アップ」が目標の上位にくることも分かる気がしますね。

しかしそうだとすると、最初の、今年1年を表す文字があれだけネガティブなのはもっと気になりますね。どう考えても「忙」とか「苦」とか「疲」とかって若者が使う言葉じゃないですよね・・・。今の若者は忙しくて苦しくて疲れているのでしょうか??そうでないことを願いたいものです。

さて気になる目標の達成度合いですが、「実現された目標は全体の19.5%。実現しそうな目標の26.9%も合わせると、半数近くの目標は達成されそうであるようだ」ということですので、どうなんでしょう・・・まずまずの結果ですかね?

貯金などはやろうと思えば簡単に達成できますが、他の「ダイエット」や「魅力アップ」、「資格取得」、「就職・転職」は相応の努力が必要になってきます。そう考えると目標の達成率が概ね半分というのは悪くないといえるのかもしれませんね。

ちなみにこちらのGABAのページでは詳細な結果が載っておりまして、来年、つまり2011年の目標は以下のような回答状況となっております。

・2011年目標
 貯金    :34.3%
 ダイエット  :26.1%
 魅力アップ :24.0%
 資格取得  :19.2%
 健康度UP :18.5%

全般的にどれも数値が上がっておりますが、特に1位の貯金は大幅に増えておりますね。今ひとつハッキリしない景気動向や厳しい就職状況などを考慮してより保守的になっているということなのですかね?

それともまだ2011年になっていないので、気軽に目標を言っているということでしょうか?若いうちから「貯金力」を身につけておくのはいいことだと思いますが、あまり保守的になるのもそれはそれで少し気がかりですね。攻めと守り、どちらもがんばってほしいものです。

ちなみに同調査ではおせっかいにも(?)人生の目標や夢があるかも聞いておりまして、このような結果になっております。



ふむ。なかなか面白いですね。全体としてはほぼ「ある」と「ない」とで半々になっています。性別で見れば女性の方が「ある」方が多いわけですが、女性の場合、加齢とともにだんだんなくなってくるのに対して、男性は40代になるとポンと跳ね上がっておりますね。

なぜでしょう?

そもそもこういった傾向が一般的なものなのか、たまたまなのかは分かりませんが、1,000人への調査というとそれなりの規模ですから、やはり何らかの理由があるのでしょうね。

ただ「人生の目標や夢がある」=「幸せ」で、「人生の目標や夢がない」=「不幸」ということではないことは注意が必要ですね。人生というのは往々にして思い通りにならないものですが、そこがまた面白くて楽しいところでもあります。

また人生経験が浅いときの目標や夢が、どこまで自分の人生を実りあるものにしてくれるかどうかは疑問ですね。「それなりの中長期的な目標は持ちつつ、目前のことに全力で取り組み、思いもよらない変化を楽しむ」くらいのスタンスが一番現実的だと思いますがいかがでしょう?

ちょっと話がそれてきましたが、年末が近づくこのタイミングで、みなさんも年初の目標を見直してみてはいかがでしょうか?

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら





クチコミ募集中

定期預金に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。


メールの場合はこちらから mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP