■トップページ > 定期預金関連ニュース > 定期預金関連ニュース

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

お役立ちコンテンツ

定期預金関連ニュース

定期預金に関連する最新のニュースをコメント付きでご案内します。
2011/1/25 <JCASTニュース>

定期預金に金利優遇の「特売日」 大垣共立銀行、ネット限定で


岐阜県の大垣共立銀行は、2011年2月1日から5月31日の期間中に随時「特売日」を設定、金利を優遇する定期預金を発売する。同行のインターネットバンキングの利用者が対象。電子メールや専用ホームページで「特売日」を事前に知らせる。


「特売日」の頻度は現在検討中。定期預金の期間は1か月、2か月、3か月、6か月、1年で、満期日後はその時の店頭表示金利で自動継続される。


同行の定期預金金利は、期間1年もので年0.03%(19日現在)。「特売日」は、これに0.2%を上乗せして、年0.23%で提供する。


同行によると、定期預金に「特売日」を設ける販売方法は全国の銀行で初めてという。「顧客にわくわく感を伝えたい」と話している。

編集部からのコメント

商品を販売するにあたって、いろいろと殺し文句が世の中にありますね。「○割引」、「大特価」、「バーゲン」、「タイムセール」、「○○の日」etc・・・。いずれも、「今、ここで購入する理由」「ここで購入するキッカケ」を提供するもので、なかなか消費者の心理を突いたうまいやり方だと思います。

正月であれば福袋なんかもそうですよね。売れ筋でない商品をまとめて、定価より大幅に割り引いて「お得感」を出す。何が出てくるか分からないワクワク感に加え、福袋といえば「正月だけ」ということになっているので、限定感もあってついつい購入してしまう方も多いかもしれません。

しかしながら、そんなアノ手コノ手と趣向をこらせる消費財と違い、金融商品というのはなかなかそういった工夫ができないですよね。今日行っても明日行っても金利はまず変わらないし、売り切れになったり売れ残ったりすることもなければ、何が出てくるか分からないワクワク感というものもありません。

「投信福袋」みたいなものがあって、何に投資するか分からないパックがあっても・・・誰も購入しないでしょうね。

・・・そんな金融商品の「常識」を覆すような(?)販売方法を大垣共立銀行は考え出したようです。同行のインターネットバンキング利用者を対象に、随時「特売日」を設け、その日は金利が+0.2%になる、というものですね。同行のホームページを確認すると、詳細はこういうことのようです。

大垣共立銀行「ネットでお得“ネッ得日”」

 ・実施期間 : 平成23年2月1日(火)〜平成23年5月31日(火)
 ・優遇内容 : 実施期間中に大垣共立銀行が設定するネッ得日(金利上乗せ実施日)にスーパーネット21でスーパー定期(期間1年以下)を新規で預け入れると店頭表示金利+年0.20%上乗せ
 ・注意事項 :
  1.金利上乗せは当初預入期間のみの適用。
  2.実施期間中であっても、“ネッ得日”以外の日には金利上乗せはない。
  3.“ネッ得日”は、スーパーネット21登録のE-mailアドレスへ随時通知。
  4.金利上乗せは、『ネッ得日』前日21時(土・日・祝休日の場合17時)から『ネッ得日』当日21時(土・日・祝休日の場合17時)までの取引が対象。
  5.店頭・ATM等で定期預金をお取引いただいたことのある総合口座通帳のみ利用可能。
  6.自動継続扱いに限る。満期日以降は店頭表示金利を適用。

「特売日」のことを、ここでは「ネッ得日」と命名しているようです。また、個人顧客向けインターネットバンキングサービスのことを「スーパーネット21」と言うようですね。いずれもベタなネーミングでありますが・・・。

優遇金利は+0.2%ということなので、現在の店頭表示金利から計算すると、優遇後の金利はこうなります。

 ・1ヶ月: 0.03%+0.2%=0.23%
 ・3ヶ月: 0.03%+0.2%=0.23%
 ・6ヶ月: 0.03%+0.2%=0.23%
 ・1年 : 0.03%+0.2%=0.23%

結局、どの期間も金利は同じということですね・・・。メガバンクの金利などと比較すると悪くはないですが、ネット銀行などと比較すると後もう一歩・・・という金利ですね。

さらに気になるのが「自動継続扱いに限る」という条件です。当然、金利上乗せは最初だけなので、自動で継続されてしまうと解約が面倒となります。

また注意事項の中で気になったのが「店頭・ATM等で定期預金をお取引いただいたことのある総合口座通帳のみ利用可能」という条件ですね。大垣共立銀行の店舗やATM近辺に住んでいる人じゃないと優遇しない、という意味なのでしょうか?あまり見たことのない条件ですね。

というわけでかなり間口が狭そうに見えるこのキャンペーンですが、ご興味がある方はぜひじっくり条件を調べた上でご利用ください。

なお、直近の「ネッ得日」は以下のようです。

 ・平成23年2月1日(火)
 ・平成23年2月3日(木)
 ・平成23年2月5日(土)
 ・平成23年2月6日(日)
 ・平成23年2月8日(火)
 ・平成23年2月10日(木)

月、水、金曜日を除く、ということですね。一体、どういう意味があるのでしょう・・・。

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら





クチコミ募集中

定期預金に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。


メールの場合はこちらから mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP