■トップページ > 定期預金関連ニュース > 定期預金関連ニュース

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

お役立ちコンテンツ

定期預金関連ニュース

定期預金に関連する最新のニュースをコメント付きでご案内します。
2011/8/2 <日経プレスリリース>

オリックス信託銀行、定期預金「金利上乗せキャンペーン」を実施


社名変更 記念キャンペーン第二弾


定期預金「金利上乗せキャンペーン」を実施


 オリックス信託銀行株式会社(本社:東京都港区、社長:潮 明夫、以下「オリックス信託銀行」)は、2011年10月1日付けで予定している「オリックス銀行」への社名変更を記念して、2011年8月1日(月)から「eダイレクト預金」「ダイレクト預金」「法人eダイレクト預金」(以下「定期預金3商品」)を対象に、「金利上乗せキャンペーン」を実施しますので、お知らせいたします。


 定期預金3商品のうち、所定の預入期間の定期預金を、2011年8月1日(月)から2011年11月30日(水)までの間に作成された場合、もしくは同期間内に満期を迎えた定期預金をご継続いただいた場合に、通常の預金金利に年0.05%または年0.10%の金利を上乗せいたします。


 本キャンペーンは、2011年7月1日(金)より実施しております、不動産投資ローン「金利割引キャンペーン」に続く、社名変更記念キャンペーンの第二弾となります。


 オリックス信託銀行では、1999年より12年以上にわたり、店舗を持たずシンプルな商品に特化することで実現した、高水準な金利の定期預金を提供してまいりました。おかげさまで、2011年3月末には預金残高(譲渡性預金を含む)が1兆円を突破いたしました。


 これからも、オリックス信託銀行は「ニッポンの銀行に、しなやかな発想を。」という企業スローガンのもと、従来の銀行には無い“しなやかな発想”で、お客さまのニーズにお応えし、魅力的な商品・サービスを提供してまいります。

以上

編集部からのコメント

8月となりました。さすがにボーナス資金の運用はみなさんお済みかもしれませんが、もしかするとようやく重い腰を上げて・・・という方もいるかもしれませんね。あるいは以前設定した定期預金の満期を待って、そこで資金を追加して、預けなおそうという方もそれなりにいらっしゃるかもしれません。

いずれにせよ8月は全ての定期預金キャンペーンが出揃い、かつ締め切りを迎えるものも多いと思いますので、まだ検討中の方は早めにご決断ください。

さて、そんな中、上記の通りオリックス信託銀行が定期預金キャンペーンを実施しています。オリックス信託銀行はキャンペーンをあまりせず、通常金利が比較的高いことが多いので、こういった形は珍しいですね。今回のキャンペーンの主旨は「社名変更記念」の一環ということです。10月1日に、「オリックス銀行」に変わるのですね。

キャンペーンの詳細は以下の通りです。

◆オリックス信託銀行「社名変更記念 金利上乗せキャンペーン

・キャンペーン期間 : 2011年8月1日(月)〜2011年11月30日(水)

・対象商品 : eダイレクト預金、ダイレクト預金、法人eダイレクト預金

・優遇内容 :
 個人客/キャンペーン期間中に預入された「eダイレクト預金」「ダイレクト預金」(預入期間:1年、2年、3年、5年)を、キャンペーン金利「通常金利+0.10%」にて提供
 法人客/対象期間中に預入された「法人eダイレクト預金」(預入期間:6カ月、1年、2年)を、キャンペーン金利「通常金利+0.05%」にて提供

・注意事項 : 「eダイレクト預金」「ダイレクト預金」の預入期間6カ月ものの定期預金、「法人eダイレクト預金」の預入期間3カ月ものの定期預金はキャンペーン対象外。

法人客も対象にしている点はユニークですね。もちろんいいことだと思います。

気になる「eダイレクト預金」の優遇後の金利ですが、300万円以上の場合、8月2日現在では以下のようになっています。

 ・1年 / 0.35%
 ・3年 / 0.45%
 ・5年 / 0.55%

今時、いずれもかなりの高金利ですね!

ちなみに足元の、市場での1年もの金利はこのようになっております。



0.35%前後という水準ですね。基本的に預金金利が市場金利を上回ることはありませんから、その点では1年0.35%というのは、現状の金利環境では「最高水準」と言えそうですね。

このキャンペーンの最新の金利はこちらでご確認ください。 >>> オリックス信託銀行「eダイレクト預金」最新の金利

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら





クチコミ募集中

定期預金に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。


メールの場合はこちらから mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP