■トップページ > 定期預金関連ニュース > 定期預金関連ニュース

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

お役立ちコンテンツ

定期預金関連ニュース

定期預金に関連する最新のニュースをコメント付きでご案内します。

2012年こそ、貯める!


あけましておめでとうございます。今年もみなさまに役立つ情報発信をしていきたいと思います。本年もどうぞよろしくお願いいたします。


さて、2012年こそは貯金をしたい、あるいは貯金を増やしたいと思っている人も多いと思います。そこで、年始ということもあり目標設定をしたいと思います。


貯める理由を考える


まずなんのために貯めるのか、その理由を考えてみましょう。「なんとなく、将来が不安だから」という明確な理由もなく貯めている人がほとんどです。


もちろんそれでも貯められる人はよいのですが、明確な理由がないと挫折しやすいのが現実です。そこで、自分なりの貯める理由を考えてみましょう。


大それた理由を考える必要はなく、お金があったらやってみたいこと、欲しい物を素直にリストアップすればOKです。


(例)
「スーツを買いたい」
「ヨーロッパ旅行に行きたい」
「老後の最低限の備えをしておきたい」


なんとなくお給料を余らせようとするより、前向きな理由があったほうがずっと貯まりやすくなります。

目標を実現させるためのプランを立てる


「貯めたい理由」が見つかったら、それぞれを実現させるためのプランを考えていきましょう。具体的には次の3つのことを考えていきます。


1.目標を達成させるにはいくら必要か

2.いつまでに達成させるのか

3.どうやって達成させるのか


まずは短期的な目標の「スーツを買いたい」ということから考えていきましょう。仕事で長く使うためのスーツが欲しい。予算は6万5000円など金額を決めます。次に1年以内に欲しいなどの期間を決めます。


続いて、1年後に6万5000円を作るにはどうすればよいかを考えます。銀行預金の他にもデパート友の会も考えられます。友の会の積立は毎月5000円ずつ積み立てると1年後には6万5000円の商品券と交換でき、5000円分おトクです。目標がハッキリ決まっている場合は銀行預金よりもデパート友の会のほうが有利だったりします。


次にヨーロッパ旅行について考えてみます。ヨーロッパ旅行は少しリッチに30万円くらいはかけるとします。期間も今すぐではなく2年後などでもよいかなと決めます。


達成までの手段に関しては、普通預金の他にも旅行会社や航空会社の旅行積立というものもあります。例えば毎月1万2269円を貯めると2年後に30万円となり、5522円分おトクになります(HIS旅行積立の場合)。


デパート友の会や旅行積立は普通預金よりも利率は高いのですが、現金ではなく商品券などサービスでの受け取りとなり、それぞれの会社の倒産リスクもあるため全く無リスクではありません。しかし、短期間でそれほど高額にならないのであれば利用も考えてもよいと思います。


老後に関しても同じステップで考えていくことができます。しかし、かなり長期的なプランになり、年金など不確定要素も考えていかなければなりません。そのために、次回以降にじっくりと解説させていただきたいと思います。


まずは、自分がどこに行きたいのかという目標を決めること。そして、それを実現させるステップはどんな場合も先程の3つのことを考えていけばよいということを覚えてください。


2012年こそ、貯められる年にしていきましょう。

編集部からのコメント

先週も似たようなことを書きましたが、年始の「今年の目標」として、貯金を考えた人は少なくないと思います。上記コラムでは、そういう方へのアドバイスとして、シンプルですが、

1.貯める理由を決め
2.目標金額を実現させるためのプランを立てよ

と指南しております。まぁ・・・そうなのでしょうね。何も考えていないよりは、問題意識をもって貯金した方が当然、効果は上がりそうですし、具体的なプランを考えた方がより実現に近づくと思います。

また、ポイントとしてはやはり、お金は使うためにあるわけですから、何に使うのかも含めて考えるというのは、ただただ貯金するよりは健全なのでしょうね。

記者なら・・・6万5,000円のスーツなどいりませんし、ヨーロッパ旅行もあまりピンときませんが、今欲しいモノが何かと聞かれれば・・・遅ればせながらのiPadですかね。5万円くらいでしたっけ?「iPad積立」でも始めてみますかね。

とは言いながら既に貯金の習慣はあるので、今行っている貯金の一部を「iPad積立」に回しても全体の貯金額が増えるわけではありません。理想はやはり、収入を増やすか、出費を減らすか、何か追加的な行動で、新しく貯金を増やすことですね。

「追加資金源」として最も分かりやすいのは収入を増やすことですが、副業と言ってもなかなか難しい。簡単なのはオークションなどで家の不要品を売ることかもしれませんね。面倒ですが、こういう時こそエイヤっとできるかもしれません。

・・・と話が逸れておりますので本題に話を戻すと、後段の「実現プランを立てよ」というアドバイスはよく耳にします。「夢に日付を入れよ」という類の格言です。

手前味噌ですが、記者の「貯金力」は決して低くないと思います。しかしながら、記者自身はこういった「プランを立てよ」というアドバイスは正直、少し苦手であります。

計画を立て、計画通りに実施する、と言った「計画に縛られる」感がどうも苦手なのですよね。全くもって子どもじみた理由なのでありますが。そういう方は、とにかく目標だけはしっかり立て、その実現に向けて、行き当たりばったりでもいいからとにかくトライしてみる、というような方法でもいいのではないかと思います。

貯金の方法は人それぞれ。大切なのは方法ではなく結果ですから、無理のない、自分にあったスタイルで、マイペースに貯金していけば良いのではないでしょうか。

むしろそういった自分に合った方法こそ、「貯金習慣」が長続きするコツなのかもしれませんね。もちろん、何でもそうですが、貯金にとっても「長続きする」ことは最も大切な要素の1つであります。

せひみなさんも自分に合った、長続きする「貯金習慣」を身につけてはいかがでしょうか。

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

コンテンツ・インデックス

最新版!定期預金 金利比較
預貯金の目安〜みんなはいくらくらい貯めているの?
ライフイベントから考えよう!人生のあのイベント、このイベント、一体いくら必要?
今さら聞けない、預金保険とペイオフのこと
今後の金利見通し/2019年3月更新
定期預金の基礎知識
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
各銀行の口コミ
定期預金関連ニュース
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
定期預金の基礎知識




クチコミ募集中

定期預金に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。


メールの場合はこちらから mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP