■トップページ > 定期預金関連ニュース > 定期預金関連ニュース

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

お役立ちコンテンツ

定期預金関連ニュース

定期預金に関連する最新のニュースをコメント付きでご案内します。
2012/7/3 <ビジネスジャーナル

ボーナス貯蓄、個人向け社債で確実にトクする方法


 ボーナスシーズンがやって来た。日本経済は依然としてデフレ状態が続き、右肩上がりの経済成長も給料のアップも望みにくい中、ボーナスを堅実に貯蓄に回すという人も多いだろう。そんな人にお薦めしたい、ちょっとマニアックな金融商品が社債だ。

 社債とは一般企業が発行する債券のこと。簡単にいえば、企業が資金の借り入れを行う際に発行する借用証書である。国が発行する債券は国債、会社が発行する債券が社債になる。社債には、金融機関や一般企業だけが購入できるもののほかに、一般の個人が購入できる「個人向け社債」というものが存在する。社債は一般企業が発行するものだけに、信用度は国債に劣る。しかし、その分利率(=利息)は国債よりも高くなる。そのため、個人投資家の注目度も高くなっているのだ。

 中でも、ソフトバンク系の金融グループ会社である、SBIホールディングスが発行するSBI債は人気があり、毎回すぐに売り切れてしまうほど。あまりの人気ぶりに、現在は抽選制となっている。これまでSBI債は23回発行されており、昨年12月に発行された直近の23回債の利率は1.66%(税引き前)で、満期までの期間は1年間。10万円以上10万円単位で購入できるため、資産運用のビギナーでも購入しやすくなっている。

 SBI債の1年物は、今年になってからまだ発行されていない。1月に期間3年の第4回無担保社債が発行されただけである。1口100万円にもかかわらず、2.16%という高利回りだったため、即時に売り切れた。1年物は、これまでに年2〜4回程度発行されてきた実績がある。そこで、ボーナスシーズンということもあり、金融市場では「そろそろか」と予想されているのだ。

 23回債の場合、抽選の申込期間は2日間しかなかった。抽選に申し込むためには、SBI証券に口座を開設していることが条件となる。したがって、発行することがわかっても、口座を開設していないと、抽選に参加できないという事態が起こる可能性が高い。興味のある人は、事前の準備が必要だ。

編集部からのコメント

夏のボーナスシーズンもたけなわということで、有利な運用商品としていろいろなものが紹介されていますが、中でも人気商品として取り上げられるものの1つに「個人向け社債」が挙げられます。

通常社債はと言えば一口1億円以上だったりと大口の機関投資家向けに条件が決まっていて、庶民には縁遠い商品なわけですが、個人向け社債はそれを「一口10万円以上」など、個人にも買いやすい金額に設定されています。

発行企業からすれば小口にするのは管理が手間なわけですが、個人向けにすれば少しは金利を低くできたり、あるいは個人顧客の獲得や接点の拡大、知名度アップなどのメリットがあるのかもしれませんね。

さてその社債ですが、そもそもどういう商品かと言うと、利率が決まっていて、満期になれば元本と利息が返ってくるという意味では定期預金に似た商品ですが、預金保険の対象ではありません。

これはつまり、もし万が一、発行企業が破綻してしまうと元本が大きく割れてしまう可能性が高い、ということです。そうしたリスクと引き換えに定期預金と比べると金利が高いのが特徴です。

預金をローリスク・ローリターン、株をハイリスク・ハイリターンとすると、社債はミドルリスク・ミドルリターンという感じですかね?その点では、「運用初心者」「投資初心者」に向いた商品と言えるのかもしれませんね。

その個人向け社債の中でも、特に人気が高いと上記記事でも紹介されているのがSBI証券が取り扱う、「SBI債」であります。今年になってからまだ発行されておらず、「そろそろか」と予想されている、ということですが、予想通り昨日(2日)から募集予告が開始されていますね。発行条件は以下の通りです。

◆SBI証券「第24回SBI債」

正式名称 : SBIホールディングス株式会社2013/7/11満期1.66%円建社債 (第24回SBI債)
発行体 : SBIホールディングス株式会社
期間 : 1年
格付 : BBB(R&I)
利率 : 年1.66%(税引前)
申込単位 : 額面10万円以上、10万円単位
売出期間 : 2012/7/3(火) 〜2012/7/11(水)
抽選申込期間(ネットのみ) : 2012/7/4(水)12:00〜2012/7/5(木)17:00
発行額 : 100億円

格付けはBBBと、響きどおり決して高いというわけではありませんが、「SBI」という親しみやすさに加えて、なんと言っても期間1年で1.66%という高利回りが魅力です!

しかしながら・・・「抽選申込期間」という記述がある通り、残念ながら今回も抽選のようですね。社債を購入するのに抽選ですか・・・どうなんでしょうね!?

ただ募集金額は100億円と、SBI証券の顧客数からすれば小額ですので、これもやはり「なかなか当りにくい」倍率になるのではないかと思います。

加えて抽選申し込み期間は明日(4日)の12時から始まり、明後日(5日)の17時には終了してしまいます。口座を持っていない方は間に合いそうにないですね・・・。まだ口座をお持ちでない方はとりあえず口座を開設し、次回に期待した方が良さそうです。

今年最初の運試し(?)に挑戦したい方は奮ってご応募ください。

ちなみに同じ社債でずっと販売されているのが、楽天証券が取り扱う英バークレイズ銀行の社債でこちらは期間5年で1.15%です。格付けはA+と、イギリスのメガバンクだけあって、SBIよりはるかに高いですね。

残念ながらSBIの抽選に外れた方はこういう商品も検討してみてはいかがでしょうか。

ここで 市場の1年もの金利をチェックするとこうなっています。



0.34%前後という水準ですね。定期預金の金利がこの市場の金利を上回ることは基本的にはありませんので、やはり0.3%台が今の1年もの定期の高金利の目安ということになります。

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

コンテンツ・インデックス

最新版!定期預金 金利比較
預貯金の目安〜みんなはいくらくらい貯めているの?
ライフイベントから考えよう!人生のあのイベント、このイベント、一体いくら必要?
今さら聞けない、預金保険とペイオフのこと
今後の金利見通し/2019年1月更新
定期預金の基礎知識
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
各銀行の口コミ
定期預金関連ニュース
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
定期預金の基礎知識




クチコミ募集中

定期預金に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。


メールの場合はこちらから mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP