■トップページ > 定期預金関連ニュース > 今月の定期預金金利動向

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

お役立ちコンテンツ

[今月の定期預金金利動向]
市場金利に上昇の兆し 高金利キャンペーンの締切に注意

2013年1月の定期預金金利の動向と、今後の見通しについて解説します。
2013/1/10

市場金利の最新推移


◆1年もの市場金利の推移

 

◆5年もの市場金利の推移

 

編集部からのコメント

2013年となりましたね。早いものです。今回の冬のボーナスシーズンでは各銀行が積極的な定期預金キャンペーンを実施中ですが、ユーザーの皆様はもう預け先を決定されたでしょうか?

定期預金の利用は12月より1月の方が盛り上がるという話も聞きますが、一方で、その定期預金キャンペーンの中には結構、「締め切り」が迫っているものも多いですね。口座開設には郵送の場合2週間程度かかる場合もありますのでご検討の方は早めに、まずは口座開設だけでも済ますようオススメいたします。

さて、主要なキャンペーンは先月のこの時期と大きく変わっていませんが、まず押さえておきたいのが、新生銀行の「冬の円定期キャンペーン」で金利はこのようになっています。

・2年/0.3%
・3年/0.4%
・5年/0.5%


どの期間も、これだけ定期預金の金利が下がっている現状ではかなりの高金利と言えますが、やはり3年0.4%5年0.5%が魅力的と言えそうです。

さらに新生銀行では根強い人気の「2週間満期預金」を取り扱っていますが、こちらは昨年0.2%へと金利が引き上げられました。新生銀行の預金は短期の運用から長期の運用まで、幅広く利用できそうですね。

加えて、魅力的なのがじぶん銀行の「デビュー応援キャンペーン」で、こちらは新規口座開設客限定で3ヶ月もの金利が上乗せされるキャンペーンですが、0.65%となっています。3ヶ月とは言え、なかなかの高金利ですね!新規客だけでなく、3ヶ月ものの通常金利も「冬のボーナスフェア2012」で0.40%となっており、既に口座をお持ちの方にも十分魅力的ですね。

また、12月中旬からスタートしたのが住信SBIネット銀行の「冬の資産運用特別企画」で、こちらは6ヶ月ものが0.27%1年のが0.3%となっているほか、新規口座開設客にはさらに1,500円がプレゼントされる、という内容になっています。

これも、新規客にも既に口座を持っている顧客にもうれしいキャンペーンと言えそうです。

キャンペーンではありませんが外せない定期預金を挙げるとすれば、東京スター銀行の「スターワン1週間預金」で、こちらは1週間で0.25%と、他の銀行の定期預金の金利を上回る驚きの高金利と利便性が魅力です。

東京スター銀行と言えば、読者の方からの投稿もいただきましたが、気になっているのが昨年秋以来、販売停止となっている仕組み預金である「右肩上がり円定期」の再開有無です。

主要な銀行は概ね年末までに仕組み預金の販売を再開していますからね。もし「右肩上がり円定期」の販売が再開されれば有力な選択肢となるのではないかと考えていますが、どうなるでしょうか?期待しておきたいと思います。

一方で。

そのように華やかな冬の定期預金キャンペーンが佳境を迎える中で、見逃せないのが、オリックス銀行や大和ネクスト銀行と言った「金利が相対的にいつも高い銀行」がひっそりと金利を引き下げておりますね。たとえば1年もので言うとオリックス銀行は今月、0.27%から0.24%に金利を引き下げておりますし、大和ネクスト銀行もやはり0.30%から0.22%へと引き下げています。

なぜかと言えば、以前に比べて市場金利は大きく低下しているからですね。足元の市場金利をチェックすると、上記のグラフの通りですがこのようになっています。

・1年もの:0.25%前後
・5年もの:0.32%前後

基本的には定期預金の金利が市場金利を上回ることはないのだとすれば、オリックス銀行にせよ大和ネクスト銀行にせよ利下げは当然ですし、1年もので0.22%〜0.24%という水準もそれなりにギリギリの高金利であることが分かります。

ということは今般の定期預金キャンペーンが終了すれば、どの銀行の定期預金も同じようなレベルに下がる可能性が高いということですね。十分、ご注意いただければと思います。

ただし、良いニュースを挙げるとすれば昨年の年末から、自民党政権への期待により株価が大きく上昇しており、それに呼応する形で市場の金利もわずかながら上昇し始めている点ですね。

まだまだ金利水準自体は超低金利にあるのは間違いありませんが、このように金利に反転の兆しが出始めたことは希望が持てますね。景気回復と共に、金利も順当に上昇することを期待したいと思います。

最後に今月の定期預金金利をまとめると、主な預入期間ごとの金利のレンジはこのようになっています。

・普通預金(含む1週間定期): 0.01%〜0.25%

・1年もの定期預金: 0.01%〜1.80%
・3年もの定期預金: 0.01%〜0.40%
・5年もの定期預金: 0.04%〜0.50%

>>>詳しくはこちら 定期預金金利比較(TOPページ)

参考になさってください。

今月の下旬にでも、再度こうした市場金利の動きをチェックし、来月の定期預金金利の見通しや動向を占ってみたいと思います。

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

コンテンツ・インデックス

最新版!定期預金 金利比較
預貯金の目安〜みんなはいくらくらい貯めているの?
ライフイベントから考えよう!人生のあのイベント、このイベント、一体いくら必要?
今さら聞けない、預金保険とペイオフのこと
今後の金利見通し/2019年6月更新
定期預金の基礎知識
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
各銀行の口コミ
定期預金関連ニュース
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
定期預金の基礎知識




クチコミ募集中

定期預金に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。


メールの場合はこちらから
メールを送信する

PAGE TOP