■トップページ > 定期預金関連ニュース > 今月の定期預金金利動向

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

お役立ちコンテンツ

[今月の定期預金金利動向]
市場金利は下げ止まりへ 一部に積極的な定期預金も

2013年4月の定期預金金利の動向と、今後の見通しについて解説します。
2013/4/4

市場金利の最新推移


◆1年もの市場金利の推移

 

◆5年もの市場金利の推移

 

編集部からのコメント

2013年も4月ですね。早いものです。

4月といえば新年度のスタートでもあり、実質的な春の始まりでもあり、何かと前向きかつポジティブなイメージがある月ですね。

さらに今年はアベノミクス効果や、アメリカを筆頭に世界的な景気回復局面にあることもあり、より明るい気持ちで4月を迎えた方も多いかもしれませんね。もちろん給料やボーナス、あるいは雇用にプラスの効果が出てくるのはまだまだ先ではありますが・・・。

前回の景気回復局面では「実感なき好景気」と揶揄されたものですが、今回はぜひ実感したいものです。

さて4月の定期預金の動向ですが、残念ながら魅力的な定期預金やキャンペーンがさらに少なくなってしまいましたね。春の訪れとは裏腹に定期預金は「冬眠期」に入ってきた感すらします。

そうした中ではありますが、気を吐いている銀行の1つがじぶん銀行で、この2月から、通年のプログラムである「デビュー応援プログラム」が開始となりました。いつまで続くかは分かりませんが、少なくともキャンペーンではありませんので1ヶ月や2ヶ月で終わることはないと思います。口座開設を検討されている方にとっては「いつでも利用できる」と言うのは利便性が高いですね。

気になる金利ですが、先月に引き続き新規客には3ヶ月ものが0.50%と破格の金利になっています。また、通常の3ヶ月もの金利も0.25%と、相対的に高金利を維持していますね。満期後のことも考えれば、ぜひこうした通常金利も継続してがんばってほしいものです。

>>>じぶん銀行の最新金利はこちらから

加えて、いつも高水準の定期預金金利で人気のオリックス銀行が、インターネットから設定ができる「eダイレクト預金」の1年もの金利を引き上げていますね!2013年4月1日現在の金利は、1年ものが0.27%、3年ものが0.30%となっています。なかなか積極的ですね。

もちろん誰でも利用できますので、新規客だけでなく、既にオリックス銀行の口座を持っている方にもうれしい金利と言えそうですね。

>>>オリックス銀行の最新金利はこちらから

また毎回ご案内しているように、キャンペーンではありませんが外せないのが、東京スター銀行の「スターワン1週間円預金」で、こちらは1週間で0.25%と、他の銀行の定期預金の金利を上回る驚きの高金利と利便性が魅力です。

今のような、金利が上がるのか下がるのか読みづらく、かつ多くの定期預金キャンペーンが終了する「冬眠期」に入り、「様子見」ニーズが高まっているこのタイミングではさらに人気を集めそうです。実際、当サイトでのクリック数も徐々に増加しております。

加えて、この定期預金の魅力をもう1つ挙げるとすれば、世の中の金利が低下し、各銀行が金利の引き下げを断続的に行っている中で、ずっと0.25%を維持し続けている点ですね。だからと言って、この金利がいつまでも続くことを保証するわけではありませんが、他の銀行で定期預金キャンペーンが終わった後に預金金利が大きく下がりガッカリされた経験を持つ方には、より魅力的に映るのではないでしょうか。

さらに東京スター銀行では、昨年秋以来販売停止となっていた仕組み預金である「右肩上がり円定期」の販売を、2月からついに再開していますね。販売再開を心待ちにしていた利用者の方も多いかもしれません。

この仕組み預金もかなりの高金利ですので、しばらく使わない資金をお持ちの方は検討されてはいかがでしょうか。

>>>右肩上がり円定期の最新金利はこちらから

ここで、いつもご案内しているように足元の市場金利をチェックすると、上記のグラフの通りですがこのようになっています。

・1年もの:0.23%前後
・5年もの:0.29%前後

先月のこの時期と比較すると、ほぼ同じ水準となります。日銀のさらなる大胆な金融緩和期待が高まっている現状では、当面は上昇することはなさそうですね・・・。

ただ一方で、大きく金利が低下する局面でもなくなってきたような気がします。実際、上記の通り1ヶ月前から比べても市場金利は下げ止まっていますね。とりあえず1年もの・5年ものの金利低下が収まりつつあるだけでもヨシとしないといけないのかもしれません。

この市場金利から定期預金金利を逆算すると、基本的には「定期預金金利が市場金利を上回ることはない」のだとすれば、定期預金は高くても1年で0.23%以下、5年で0.29%以下という金利環境にある、ということですね。

やはり通常金利で魅力的なものは期待しづらく、上記のような少しでも有利な預金やキャンペーンを利用したいものですね。

最後に今月の定期預金金利をまとめると、主な預入期間ごとの金利のレンジはこのようになっています。

・普通預金(含む1週間定期): 0.01%〜0.25%

・1年もの定期預金: 0.01%〜0.27%
・3年もの定期預金: 0.01%〜0.30%
・5年もの定期預金: 0.04%〜0.40%

・3年もの仕組み預金: 0.20%→0.30%
・6年もの仕組み預金: 0.30%→0.50%
・10年もの仕組み預金: 0.70%→0.90%

>>>詳しくはこちら 定期預金金利比較(TOPページ)

参考になさってください。

今月の下旬にでも、再度こうした市場金利の動きをチェックし、来月の定期預金金利の見通しや今後の金利動向を占ってみたいと思います。

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

コンテンツ・インデックス

最新版!定期預金 金利比較
預貯金の目安〜みんなはいくらくらい貯めているの?
ライフイベントから考えよう!人生のあのイベント、このイベント、一体いくら必要?
今さら聞けない、預金保険とペイオフのこと
今後の金利見通し/2019年1月更新
定期預金の基礎知識
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
各銀行の口コミ
定期預金関連ニュース
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
定期預金の基礎知識




クチコミ募集中

定期預金に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。


メールの場合はこちらから mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP