■トップページ > 定期預金関連ニュース > 定期預金関連ニュース

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

お役立ちコンテンツ

貯金・定期預金コラム:
生涯年収では預金が残らないのはなぜ?

定期預金や貯金に関連する最新のニュース、コラムから感じることを徒然なるままにつづっております。少しでも読者のみなさまの参考になれば幸いです。今回、取り上げる記事はこちらです。
2013/8/8 <MSNマネー

あなたが定年まで働き続けなければならない本当の理由




※抜粋

編集部からのコメント

「あなたが定年まで働き続けなければならない本当の理由」、「人生は銀行と建設会社のためにある?」という、なかなか刺激的なタイトルが並ぶ上記コラムですが、要約するとこういうことになります。

・大卒の生涯年収はおよそ3億円
・税金と社会保障費の生涯支払額は6000万円
・住宅と住宅ローン利息は6000万円
・生命保険の支払い額は2000万円
・子供2人の養育費は4000万円
・60年間の夫婦の生活費は1億2000万円(年間200万円)

これらを差し引きするとプラスマイナス0。つまり夫婦が亡くなったときに預金は一切残らない計算となる、ということですね。

グラフで表すとこうなります。



いかがでしょう?こうしたサラリーマンの生涯収支に悲哀を感じるでしょうか?

筆者の方はさらに話を進め、私たちは「公務員」と「建設会社」と「銀行員や保険マン」を食べさせるために、一生懸命働いていると言えます、と結論づけています。

この話の展開に共感される方もいらっしゃるとは思いますが、記者自身はいろいろな点でツッコミどころを感じます。

まず最大のツッコミどころは、サラリと書いていますが「年金収入と退職金を考慮に入れていません」という点ですね。生涯収支を計算する上では考慮に入れないとダメでしょう!

平均的な退職金金額は大卒の場合、約2,500万円程度のようですね。これがあるのとないのとでは、生涯収支が大きく変わります。まるまる預金が2,500万円残る計算となりますね。

次に年金収入ですがこれも大きいです。給料の額にもよりますが平均的には厚生年金の場合、年間220万円くらいのようですね。これを65歳から85歳まで20年間受け取るとすると、4,400万円となります。

退職金とあわせると何と生涯預金が2,500万円+4,400万円=6,900万円残る計算となりますね。

上記試算では税・社会保障費が生涯6,000万円ということですが、その大部分を年金の形で回収できることになります。そもそも年金は建て前は自分の老後のために個人個人が積み立てていくものですからね。大部分が戻ってくるのは当然と言えます。

これだけでもかなりの遺産が残ることになりますが、家もその半分が土地代とすれば、不動産も2,000万円分の価値が残ることになり、生涯トータルで8,900万円の資産を積み上げることとなります。

また当然、自分の親からの遺産もあるわけで、親も同様の遺産を残しているとすれば、単純計算すれば4,000万円近い相続が期待できるわけで、そうなってくると全体的には1億円を超える資産を次の世代に引き継ぐことになります。

つまり。

この悲哀を感じさせるかのような生涯収支は、実際にはむしろ、極めて恵まれた経済環境にあるということですね。

筆者の方はここから「釈然としない思いを抱いた」、「なぜ私たちは、このような不毛な人生を送らないといけないのでしょうか」と続けていますが、やはりそれは誤解に基づいた感想であり、そういったネガティブな理解をしてしまったということであれば、むしろそっちの方が「不幸」な事と言えるのかもしれません。

また、百歩譲って、退職金も0で年金も受け取れず、この生涯収支どおりとなったとしても、それはつまり預金を1円も残さず使い切ったということであり、すばらしい資金管理、ライフプランマネジメントだったといえます。

お金も預金ももちろん貯めるためにあるのではなく、使うためにあるのですからね。預金を使い切って、あの世に行く時には何も残さないというのは正しい姿と言えます。

そもそも遺産があるから争いが起こるのであって、遺産がゼロであれば家族間のトラブルの最大の原因の1つが消えるわけですから、こんなにいいことはない、と言えるかもしれません。

加えて、これをもってして「公務員と建設会社と銀行員や保険マンを食べさせるために、一生懸命働いている」というのはあまりに短視観的です。上記の通り、支払った社会保障費の大部分は戻ってきますし、家だって半分は土地代で、これは資産として残ります。

銀行に支払った利息も、最終的には金利となって預金者に還元されていきますし、生命保険料もそのかなりの部分は実際に不幸に遭われた方へ支払われます。

自分だって誰かの支払いによって食べさせてもらっているわけで、その客の中に公務員や建設会社社員や銀行員や保険マンがいる可能性は十分ありますね。

「金は天下の回りもの」という考え方は、お金の役割を極めて端的に、そして適切に表した表現ですね。お金をどんどん右から左へ流していくことで経済は回っていくのです。

ということでツッコミどころを多く感じるこのコラムですが、記者が悲哀を感じるとすれば、そこではなく。

どこで悲哀を感じるかと言うと、この生涯年収3億円の根拠となっている平均年収が725万円となっている点ですね。

世間一般の平均世帯年収が約600万円の時代ですから、そもそも、一般的に言われる「生涯年収3億円」がかなり現実味が薄い数字になりつつある、ということです。

上記の通り、本当に生涯年収が3億円であれば、退職金と年金を加算して7,000万円近い預金が残り、かなり恵まれた資産状況となりますが、そうなる人は少数派である可能性が高い、ということですね。

加えて、現状のように持続可能性がかなり乏しい年金制度では、支払った社会保障費がすんなり戻ってくる可能性はかなり疑わしいですね。

で、この社会保障費がフローとしてどこに回るかといえば、今の高齢者の社会保障に回っていきます。つまり実態としては、銀行だ、建設会社だと言う前に「年金世代を食べさせるために、一生懸命働いている」方が近いということですね。

そして今後、間違いなくこの社会保障費は増える一方で働き手は減っていくわけですから、税金なのか社会保障なのかは別にして、サラリーマンの負担がさらに増えていくのは間違いありません。

記者はむしろ、そちらの方がよっぽど悲哀を感じますね・・・。

そんなわけで。

今後、さらに生涯年収が下がり、社会保障負担が増えていく流れの中で大事なことは、逆説的ですが、若いうちからしっかり定期預金や預金を活用して貯金を増やし、老後資金を蓄えておくことですね。

つまりは上記コラムタイトルの「あなたが定年まで働き続けなければならない本当の理由」は何かと問われれば「自分や家族の将来の生活のため」というシンプルな答えにたどりつくのではないかと思います。

参考になさってください。


今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

コンテンツ・インデックス

最新版!定期預金 金利比較
預貯金の目安〜みんなはいくらくらい貯めているの?
ライフイベントから考えよう!人生のあのイベント、このイベント、一体いくら必要?
今さら聞けない、預金保険とペイオフのこと
今後の金利見通し/2019年3月更新
定期預金の基礎知識
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
各銀行の口コミ
定期預金関連ニュース
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
定期預金の基礎知識




クチコミ募集中

定期預金に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。


メールの場合はこちらから mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP