■トップページ > 定期預金関連ニュース > 定期預金関連ニュース

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

お役立ちコンテンツ

定期預金関連ニュース:
オリックス銀行eダイレクト預金 1年0.27%

定期預金に関連する最新のニュースをコメント付きでご案内します。今週のニュースはこちら。
2013/10/15 <オリックス銀行

オリックス銀行 eダイレクト預金



編集部からのコメント

10月となりました。全国各地で真夏日の最も遅い記録が更新されるなど異常気象が続いておりますが、定期預金については暦どおり秋を迎えています。9月に続き10月も、今のところ新しい定期預金キャンペーンの動きは皆無ですし、市場金利も低下傾向にあるからですね。

そのように定期預金金利に逆風が吹き始めている中で、相対的に魅力が増しているのが、季節やボーナス時期に関わらず恒常的に高水準の定期預金金利を提供している銀行です。

その代表格なのがオリックス銀行eダイレクト預金ですね。2013年10月15日現在の金利はこのようになっています。

オリックス銀行/eダイレクト預金

 ・1年:0.27%
 ・3年:0.27%
 ・5年:0.30%

9月の金利と比較すると3年もの・5年もの金利が少し下がってしまいましたが、それでも高金利の定期預金キャンペーンが次々と終了する中では、なかなか意欲的かつ積極的な金利設定となっています。

特に1年もの金利は0.27%という高水準を維持しており、かなり好条件です。

0.2%台の金利ではそこまで積極的に評価する気になれないかもしれませんが、世の中の1年もの金利はそれくらい低水準となっている、ということですね。

加えてオリックス銀行の場合、繰り返しになりますが、時期によってあまり金利を上げたり下げたりしない点が好感が持てます。他の銀行の場合、キャンペーンの時は金利がいいけれど、満期の時は低金利、という残念なことが多々ありますが、オリックス銀行の場合、そうしたことが少ないので、金利以上の魅力を感じる方もいるかもしれませんね。

実際、1年=0.27%の金利は春先から半年以上維持されていると思います。引き続き、市場金利や競合先のキャンペーン金利に右往左往せず、お得な金利水準を維持していってほしいものです。

加えて、100万円からこの金利が付与される点も魅力に加えていいかもしれません。預入金額によっては金利が下がってしまう銀行もあるので注意が必要です。

ちなみに、同じくずっと好金利を維持しているのが、東京スター銀行の「スターワン1週間円預金」です。こちらはわずか1週間で年利0.20%の高金利が魅力ですね。

併せて比較検討してみてはいかがでしょうか。

最後に市場の1年もの金利をチェックするとこうなっています。



お!記者も初めて気がつきましたが、10月に入ってから市場金利はガクンと下がっていますね。昨年末以降、概ね0.24%前後で推移してきた1年もの市場金利ですが、足元では0.20%前後まで低下しています。

0.24%も0.20%も変わらない気がされるかもしれませんが、定期預金の金利もこうした市場金利の動きに影響を受けますので、さらに金利の低下が進むようであれば、今後、1年=0.2%〜0.3%の定期預金が一掃される・・・ということになってきます。

定期預金については秋どころか冬が近づいているということでしょうか!?気になる動きですね・・・。

そうした点では、上記オリックス銀行eダイレクト預金は市場金利を上回る「出血大サービス」と言えます。それだけ顧客獲得に積極的、ということかもしれませんが、問題はこうした金利水準をいつまでも維持できないかもしれない、ということですね。

ご興味を持たれた方は早めに検討された方がいいかもしれません。

参考になさってください。

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

コンテンツ・インデックス

最新版!定期預金 金利比較
預貯金の目安〜みんなはいくらくらい貯めているの?
ライフイベントから考えよう!人生のあのイベント、このイベント、一体いくら必要?
今さら聞けない、預金保険とペイオフのこと
今後の金利見通し/2019年6月更新
定期預金の基礎知識
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
各銀行の口コミ
定期預金関連ニュース
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
定期預金の基礎知識




クチコミ募集中

定期預金に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。


メールの場合はこちらから
メールを送信する

PAGE TOP