■トップページ > 定期預金関連ニュース > 定期預金関連ニュース

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

お役立ちコンテンツ

定期預金関連ニュース:
オリックス銀行 定期預金3年0.40%+1,500円

定期預金に関連する最新のニュースをコメント付きでご案内します。今週のニュースはこちら。
2014/11/18 <オリックス銀行

eダイレクト預金



編集部からのコメント

2014年もいよいよ年末を迎えようとしておりまして名残や悔いがないわけではありませんが、一方で12月と言えば、会社勤め・役所勤めの方々にとってうれしいボーナスシーズンですね!

報道によれば大企業の冬のボーナスは二期連続の増加見込みということのようです。これにより低迷気味の景気が少しでも上向くことを期待したいと思います。

ちなみに12月はそうしたボーナス資金を当て込んだ定期預金のキャンペーンシーズンでもありますね。景気と同じく、預金金利も不振が続いておりますが、目が覚めるような定期預金が出てくることを願いたいと思います。

それを占う上で市場金利の動向をチェックしておくとこうなっています。こちらは定期預金と関係の深い1年もの市場金利ですが、予想通りジリジリ低下していますね。



今や0.15%台ですね!

さらに10月末に発表された追加金融緩和の影響がそろそろ出始めてくるとすれば市場金利はもう一段下がる可能性もあります。預金者にとっては身も凍るような冬が待っていると言える状況かもしれません。

そのように金利上昇が全く期待できない中で、頼みの綱は上記のとおり「定期預金キャンペーン」に加え「恒常的に好金利を提供している銀行」ということになります。その筆頭がオリックス銀行ですね。

と言うわけでオリックス銀行の最新の定期預金金利をチェックしてみると以下の通りです(2014年11月18日現在)。

オリックス銀行/eダイレクト預金

 1年/0.27%
 3年/0.40%
 5年/0.40%

1年もの金利は0.27%ということで、上記の通り1年ものの市場金利が0.15%台という現状を踏まえれば間違いなく「赤字覚悟」の高水準です。

しかし今回の金利の目玉はやはり何と言っても3年もの金利と5年もの金利ですね。何と0.3%台を飛び越え0.4%を実現しています!現在の金利環境を考えれば「赤字覚悟」というだけでなく「ありえない」水準と言っても言い過ぎではないと思います。

これから定期預金の利用を検討されている方はぜひ選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

なお100万円からこの金利が付与される点も魅力に加えていいかもしれません。預入金額によっては金利が下がってしまう銀行もあるので注意が必要です。

さらにせっかくコツコツ預金で増やしても、この低金利の元では、最後に送金したら送金手数料で金利の大部分が消えた、という笑えない状況が起こりえますが、オリックス銀行の場合、月2回まで送金手数料が無料ですので利息が減ってしまうことはありません。

こうした姿勢も誠実で好感が持てるものだと言えそうです。

最後に今であれば「eダイレクト定期預金 現金1,500円プレゼントキャンペーン」が実施されており、新規口座開設の上、このeダイレクト定期預金に新規で100万円以上預け入れると1,500円がプレゼントされます。

これを利用すれば元本100万円の場合、税引き前で年0.1875%相当となり、本来の金利を加味すれば年0.4575%相当となります。なかなかの好条件ですね!

キャンペーン期間は2014年12月31日までとなっておりますので、ご興味がある方は早めにお手続きされることをおススメします。

ちなみに、同じくずっと好金利を維持しているのが、東京スター銀行の「スターワン1週間円預金」です。こちらはわずか1週間で年利0.15%の金利が魅力ですね。

併せて比較検討してみてはいかがでしょうか。

参考になさってください。

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

コンテンツ・インデックス

最新版!定期預金 金利比較
預貯金の目安〜みんなはいくらくらい貯めているの?
ライフイベントから考えよう!人生のあのイベント、このイベント、一体いくら必要?
今さら聞けない、預金保険とペイオフのこと
今後の金利見通し/2019年3月更新
定期預金の基礎知識
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
各銀行の口コミ
定期預金関連ニュース
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
定期預金の基礎知識




クチコミ募集中

定期預金に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。


メールの場合はこちらから mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP