■トップページ > 定期預金関連ニュース > 定期預金関連ニュース

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

お役立ちコンテンツ

定期預金関連ニュース:
マネックス証券、楽天証券 個人向け国債0.31%

定期預金に関連する最新のニュースをコメント付きでご案内します。今週のニュースはこちら。
2014/12/16 <マネックス証券

12月の個人向け国債キャンペーン



編集部からのコメント

昨年4月に「異次元緩和」が発表されたのち、市場金利は上下を繰り返しながらも全体的には大きく低下してきました。それにつれて預金金利も低下傾向にあり、預金者からすれば気分が晴れない状態が続いています。

そしてトドメの一撃となりそうなのが10月末に発表された「追加金融緩和」ですね。ただでさえ異次元のレベルにまで拡大した金融緩和をさらに強化するということですから金利がもう一段低下するのは間違いありません。

加えて衆院選での自民党の圧勝も、こうした金融緩和の動きを維持・強化することにつながっていくわけですが、長期金利の動きをチェックするとこのようになっています。



追加金融緩和発表直後は多少上昇した長期金利ですが、足元では順当に低下し史上最低水準に低下しつつあります。具体的には0.38%前後とついに「0.3%台」が現実のものとなっているのですね!

さてこのように金利が低下傾向にある中では、長めの定期預金に預け入れてしまうよりは、しばらく様子を見ようとする方が増えてくるのではないかと思います。

とは言え普通預金に預けても天文学的な金利の低さなわけで、全くその気になりません。そうした方にオススメなのが毎月ご案内しているように、個人向け国債の「変動10」です。

変動10」はその名の通り、期間10年の変動金利の国債です。半年毎に金利が見直されるので、今後、金利が上昇してもそのメリットを享受できるというなかなかオイシイ商品性を持っています。今のような足元の金利が低い一方で、景気回復に伴う金利上昇期待もそれなりにある状況では、多くの預金ユーザーのニーズにも合致していそうです。

「今は低金利でどうしようもないけれど、将来的には金利は上昇するかもしれない」と期待されている方や、「さすがにこんな低金利では金利を固定したくない」という方向けということですね。

加えてこの 「変動10」は今まで3月・6月・9月・12月の年4回発行されてきたわけですが、ようやく毎月募集に切り替わったのですね!今まで3ヶ月に1回という発行タイミングにイラっとされていた方もこれからは大丈夫ですね。

個人向け国債は1万円から購入できるので、毎月、積み立て代わりに購入するといった利用方法も可能となっています。

さらに「変動10」の金利は一般的な定期預金よりはるかに高いので、今のようなボーナスシーズンが終わった後も引き続き高金利で利用できるという安定感・安心感がありますね。

さてその個人向け国債の、今月の具体的な募集条件は以下の通りです。

個人向け国債

 固定3年  : 0.05%
 固定5年  : 0.05%
 変動10年 : 0.31%

先月と比較すると今月は「固定5」の金利が少し低下し、ついに「固定3」の金利と並ぶ一方で意外にも「変動10」が少し金利アップしています。

これらの中ではやはり「変動10」が魅力的なわけですが、通常この「変動10」のように半年毎に金利が見直されるということは「6ヶ月もの定期」を自動継続しているイメージとなりますので、金利も「6ヶ月もの定期」と似たようなものになる、というのが金利の常識です。

今の6ヶ月ものの定期預金金利といえば・・・0.025%程度ですね。

ところが、この変動10年タイプは、上記の通り0.31%ということですから、12倍を超えるわけですね。6ヶ月もの定期どころか、通常の5年もの定期の金利をもはるかに上回る金利です。変動金利でありながら、これだけの金利がつくというのは、相当魅力的な商品性であるのは間違いありません。

実際、民間ではこのような商品性の預金は提供されていません。商品性が良すぎるからですね。

さらには来月=2015年1月の個人向け国債金利は足元の長期金利低下の動きを勘案すれば確実に下がるでしょうから、今月中に購入しておけば少なくとも6ヶ月は有利な運用ができそうです。

一方、ネックとなるのは10年という期間の長さですが、これも利便性が考慮されていて、1年経てばいつでも中途解約ができ、そのペナルティも2回分の利息=1年分の利息相当分のみですから、2年も運用すれば、十分元が取れます。

たとえば3年後に解約した場合、利率が3年間ずっと今の0.31%と仮定すると、ペナルティを払っても、トータルでは約0.21%の金利ということになります。なかなかですね。

仮に5年後に解約した場合であれば、ペナルティを考慮してもトータルでは約0.25%の利回りですね。ネット銀行の定期預金と比較しても遜色ない金利水準です。

あくまで金利が変動しない前提とはなりますが、同じ個人向け国債である上記固定3年=0.05%、固定5年=0.05%よりもはるかに有利である点もポイントですね。

なお、個人向け国債はあらかたの証券会社で購入できますが、マネックス証券で新規に口座を開設すれば、最大で30,000円相当のプレゼントが提供されるキャンペーンが実施中です。

>>>マネックス証券の口座開設キャンペーンはこちら

さらに今月は「12月の個人向け国債キャンペーン」と称して50万円購入すれば1,000円、100万円購入すれば2,000円といったキャッシュプレゼントキャンペーンも実施していますのでより有利と言えます。

また、同じく個人向け国債の取り扱いがある楽天証券では、新規に口座を開設すれば最大で38,700円相当のプレゼントが提供されます。

>>>楽天証券の口座開設キャンペーンはこちら

こちらも「個人向け国債、地方債 冬のボーナスポイントキャンペーン」 として、100万円購入すれば2,000円分のポイントがもらえるといったマネックス証券に準じたキャンペーンを実施しています。どうせ個人向け国債を購入するのであれば、こうした有利なキャンペーンを利用してみてはいかがでしょうか。

上記の通り長期金利は再び低下し始めており、定期預金には逆風が強くなっているわけですが、そういう時こそ、個人向け国債の変動金利の優位性がより浮き彫りになってきそうですね。

最後に、「それでも固定金利が良い」という人には仕組み預金という選択肢もあります。中でも人気の東京スター銀行の右肩上がり円定期はこのような金利水準となっています。

東京スター銀行/右肩上がり円定期

・最長6年タイプ  : 当初2年間0.35% → 次の2年間0.45% → 最後の2年間0.55%
・最長10年タイプ : 当初3年間0.60% → 次の3年間0.80% → 最後の4年間1.00%

>>>「右肩上がり円定期」の最新金利はこちら

こちらも商品性が良すぎる定期預金の1つですね。

参考になれば幸いです。

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

コンテンツ・インデックス

最新版!定期預金 金利比較
預貯金の目安〜みんなはいくらくらい貯めているの?
ライフイベントから考えよう!人生のあのイベント、このイベント、一体いくら必要?
今さら聞けない、預金保険とペイオフのこと
今後の金利見通し/2019年1月更新
定期預金の基礎知識
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
各銀行の口コミ
定期預金関連ニュース
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
定期預金の基礎知識




クチコミ募集中

定期預金に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。


メールの場合はこちらから mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP