■トップページ > 定期預金関連ニュース > 今月の定期預金金利動向

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

お役立ちコンテンツ

[2018年11月の定期預金金利動向]
1年最高0.40%、2年最高0.45%

2018年11月の定期預金金利の動向と、今後の見通しについて解説します。
2018/11/1

市場金利の最新推移


◆1年もの市場金利の推移

 

◆5年もの市場金利の推移

 

編集部からのコメント


11月となりました。いよいよ今月後半には冬の定期預金キャンペーンが始まっていきそうですね。

このタイミングですでに開始されているキャンペーンもあります。この冬も魅力的な金利が出そろうことを期待したいと思います。

さて市場金利の現状をチェックしてみると、上記グラフの通り1年もの市場金利も5年もの市場金利も一時のマイナス圏を抜け出し、プラス水準に回復していることが分かります。

そうなってくると更なる金利上昇を期待したいところですが、しかし日銀の大規模な金融緩和=「異次元緩和」が続く限り、「本格的」な金利上昇というのは難しいです。特に今は金利の「操作目標」が設定され、上限を超えるような金利上昇があった場合、日銀の無制限の国債購入が待っていますので尚更ですね。

グラフを見ると2017年以降、市場金利も長期金利も「頭打ち」となっていることが良く分かります。



ただ期待できる動きとしては、日銀が7月31日の金融政策決定会合で、長期金利の変動幅を「−0.1%〜0.1%」から「−0.2%〜0.2%」に拡大させることを決定しました。

これによって長期金利の上限が0.1%から0.2%に変更されましたので、定期預金金利にとっても金利上昇圧力となってきます。本日の長期金利も「+0.120%」と0.1%を上回っています。

では今月=11月の定期預金金利の動向はどうなっているかと言うと残念ながらまだそうした市場金利の上昇は波及せず、引き続き全体的に低迷しております。なかなか素直に上昇しませんねぇ。

今後、長期金利の上昇に促される形で預金金利が多少なりとも上昇することを期待したいと思います。

とは言いつつ預金金利が「本格的に」上昇するためには、金利を押さえつけている金融緩和が縮小することが必要です。それがいつかと言うと少なくとも次の増税目途である2019年10月までは今の金融緩和政策が継続されるものと思います。

加えて増税後に景気が低迷すればそれはそれで金融緩和をして景気を底支えする必要がありますので、実際にはその2年後の2021年10月以降といったもっと先でしょうね。日銀の黒田総裁の任期が切れるまで、ということであれば2023年4月までは続くと言うことになります。

今後多少の金利上昇があっても、全体的にはあと数年は低金利が続くという金利観をお持ちいただければと思います。

ちなみに上記市場金利の具体的な水準としては1年ものの市場金利で0.03%前後、5年もので0.12%前後ということですね。

この市場金利から定期預金金利を逆算すると、基本的には「定期預金金利が市場金利を上回ることはない」という原則に立てば、

「定期預金は高くても1年で0.03%以下、5年で0.12%以下

という金利環境にあるわけです。黙っていても高金利を享受できるような状況ではなく、より有利な定期預金を自ら積極的に探さない限り満足のいく利息は望めないという点は肝に銘じていただければと思います。

特に冒頭ご案内したように、これから冬の定期預金キャンペーンが始まっていきますので尚更ですね。

ではその積極的な定期預金をピックアップしていくと・・・まず目を惹くのが新生銀行で、わずか2週間で0.03%の金利となっている「2週間満期預金」が魅力です。今なら口座開設でTポイントが最大3,700円分もらえるようです。

>>>新生銀行の口座開設・最新金利はこちら

次にじぶん銀行の「デビュー応援プラグラム」は新規客限定ですが、1年0.15%という魅力的な水準となっています!まだじぶん銀行の口座を持っていない方はチャンスです。

>>>じぶん銀行の最新金利はこちらから

それ以外で恒常的に高金利を提供している銀行としては、当サイトでご紹介している中では、オリックス銀行あおぞら銀行インターネット支店が挙げられます。

オリックス銀行は、今月は1年0.10%、3年0.15%ですね。2週間で0.05%の「eダイレクト2週間定期預金」も人気です。

>>>オリックス銀行の最新金利はこちらから

あおぞら銀行インターネット支店は早くも冬の定期預金キャンペーンを開始しており、6ヶ月0.15%、1年0.25%となっています!高水準ですね。

>>>あおぞら銀行インターネット支店の最新金利はこちらから

静岡銀行も、インターネット支店では新規客向けに3ヶ月0.50%を提供しています。

>>>静岡銀行インターネット支店の最新金利はこちらから

一時期姿を消していた感のある東京スター銀行も「スターワン円定期プラス」の6ヶ月もの金利を0.10%に、そして「スターワン1週間円預金」の金利を0.05%としています。

>>>東京スター銀行の最新金利はこちらから

そして注目なのがSBJ銀行です。こちらも既に定期預金キャンペーンを開始しており、新規客向け金利は1年0.4%、2年0.45%となっています!脅威の金利水準ですね・・・「知る人ぞ知る」高金利銀行です。

>>>SBJ銀行の最新金利はこちらから

さらにイオン銀行は「イオン銀行Myステージ」を利用すると普通預金の金利が最大0.12%にアップする特典を提供しています。普通預金金利としては最高水準なのではないでしょうか。

>>>イオンカードセレクトについてはこちらから

最後に、個人向け国債の中でも特に魅力的な「変動10」ですが、毎月発行に変更され、利便性が大きく向上しています。最新の金利は0.09%となっています。

変動10」は、変動金利でありながら高金利という点が魅力で、さらに1年経てばいつでも解約でき、ペナルティも少ないので、いつ使うか決まっていない資金の運用先としても利用できます。

加えて制度上「0.05%より下がらない」仕組みとなっており、マイナス金利時代の運用先として専門家から絶賛されております。

>>>個人向け国債の最新金利はこちら

上記の通りなかなか預金金利が上がらない状況だからこそ、こうした魅力的な定期預金や金融商品を積極的にご活用ください。

さて今後の金利見通しですが、基本的に景気と金利は連動しますので、順調に景気が回復すれば金利の上昇圧力は強まっていくことになりますし、仮に政府と日銀が目指すように本当にインフレ経済になれば金融緩和が解除され、金利はいよいよ本格的に上昇することになります。

ただし繰り返しになりますが、おそらくそれはあるとしてもまだかなり先のことですね。当面は「本格的な金利上昇はない」というのがメインシナリオになってくると思います。

日銀の長期金利上昇容認によって、定期預金金利が多少なりとも上昇することを祈りたいと思います。

最後に今月の定期預金金利をまとめると、主な預入期間ごとの金利のレンジはこのようになっています。

・普通預金(含む1〜2週間定期): 0.00%〜0.10%

・6ヶ月もの定期預金: 0.01%〜0.50%
・1年もの定期預金: 0.01%〜0.40%
・3年もの定期預金: 0.01%〜0.35%
・5年もの定期預金: 0.04%〜0.25%

・10年もの仕組み預金: 0.15%→0.20%

いずれも市場金利を大きく上回る高金利ですが、2週間0.03%の金利を提供している新生銀行や、3年0.15%オリックス銀行1年0.25%あおぞら銀行1週間0.10%1年0.40%SBJ銀行が魅力的そうですね。

>>>詳しくはこちら 定期預金金利比較(TOPページ)

今月の中旬にでも、再度こうした市場金利の動きをチェックし、来月の定期預金金利の見通しや今後の金利動向を占ってみたいと思います。

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

コンテンツ・インデックス

最新版!定期預金 金利比較
預貯金の目安〜みんなはいくらくらい貯めているの?
ライフイベントから考えよう!人生のあのイベント、このイベント、一体いくら必要?
今さら聞けない、預金保険とペイオフのこと
今後の金利見通し/2018年11月更新
定期預金の基礎知識
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
各銀行の口コミ
定期預金関連ニュース
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
定期預金の基礎知識




クチコミ募集中

定期預金に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。


メールの場合はこちらから mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP