■トップページ > 定期預金関連ニュース > 定期預金関連ニュース

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

お役立ちコンテンツ

貯金・定期預金コラム:
利回り8%!LENDEXは魅力的?

定期預金や貯金に関連する最新のニュース、コラムから感じることを徒然なるままにつづっております。少しでも読者のみなさまの参考になれば幸いです。今回、取り上げるニュースはこちらです。

LENDEX




※抜粋

編集部からのコメント

当方のサイト上でアヤシイ投資商品の広告が表示されているのを見たのをきっかけに、これまで連続してそうしたグレー商品の危険性について素人なりに分析してきました。

そして今回取り上げるのは株式会社LENDEXのソーシャルレンディングですね。募集されているファンドはいずれも利回りが8%となっているほか、担保も設定されているようなので魅力的に響きますが実際のところはどうなのでしょうか?

まず同社サイトのトップページを見るとこのように東急リバブルと法律事務所のバナーが掲載されています。



てっきり東急リバブルの関係会社であったり、何等かの信用補完を受けているのかと思いましたが、サイトを見る限りそういったことは一切なさそうです。

とすると投資家にとって安心できる要素は1つもないわけで、東急リバブルの信用力を利用した「有利誤認」を狙ったものだと言え、正直、記者の心象はかなり悪いです・・・。

ただ心象だけではこのソーシャルレンディングの魅力は計れませんので具体的な案件の中身を見ていきたいと思います。最も直近のファンドはこれですね。



上記の通り担保がついて8%なら魅力的に響きます。担保についてはこのようになっています。



担保物件は相模原市にある土地が約100平方メートル、延床が約175平方メートルの単身向けマンション1棟ということですね。

というわけで近しい物件を探してみるとこんな物件が出てきました。



条件にピッタリ合致するわけではないものの、駅からの距離や延床面積、敷地面積がほぼ同じで価格が5,675万円ということですから、上記の貸付金額の上限3,600万円というのは妥当な水準なのではないかと思います。

ではこのファンドは魅力的なのでしょうか?

残念ながらそうではありませんね。

そもそもこのように十分な担保があれば金融機関が喜んでローンを組んでくれるわけで、わざわざLENDEXから利回り8%+手数料2%=10%もの高利で資金を借りる必要はないはずです。

今なら1〜2%といった水準で融資をしてもらえるのではないでしょうか?

それでもこのLENDEXから資金を借りざるを得ないとすればその理由は

・経営状態が悪く金融機関からお金を借りられない。

・担保物件の価値は実際にはもっと低く、金融機関から十分な額を借りられない。

・そもそも投資詐欺であり元本を返す気がない。

と言ったことしか考えられません。

加えて、度重なるソーシャルレンディング案件の破綻を受けて、金融庁としても業界としても融資先の名前を開示する方向で動いているはずですが、融資先は相変わらず「事業者H」と秘匿されていて全く信用できません。

投資をご検討の方はそうした疑問を解決した上で、是非を判断いただければと思います。

一方、このLENDEX社が素晴らしいのは財務内容を開示している点ですね!貸借対照表だけではありますがこのようになっています。



投資家からの投資金額は約7億円となっているのに対して、純資産は約1億円あり、今のところ何かあってもそれなりに対応できる財務内容となっています。

しかし・・・赤で線を引いたように2018年12月期決算では14百万円の赤字となっているわけですね!設立が2000年ですから、かれこれ20年近く経過しているのにまだ赤字というのは一体どういうことなのでしょうか!?

いずれにしても赤字ということはビジネスとして成立しておらず、遅かれ早かれ破綻することになります。

もちろんここから盛り返す可能性はありますが、だからと言って自分の虎の子の資金を一蓮托生にする義理はないはずです。

同社のファンドに投資するにしても

1. なぜ融資先は十分な担保があるにも関わらず10%もの高利で資金を借りる必要があるのか納得のいく説明が得られ、

2.融資先の名称や財務状況などが開示され、

3.LENDEX社自身の経営が黒字になってから

ということになるのでしょうね。

参考になさってください。

では最後に、いつもご案内しているアヤシイ運用を見分けるチェックポイントはこうなっています。

1.リスクとリターンは連動しており、たとえば毎年5%のリターンなら毎年4%といった損失が、毎年10%のリターンなら毎年9%といった損失が発生する可能性があり、そうした損失発生の可能性を隠しているのであれば詐欺の可能性がある。

2.もし本当にローリスク・ハイリターンのビジネスがあるなら銀行が1%〜2%といった低利で喜んでお金を貸してくれるはずであり、それをわざわざ手間暇かけて個人から高金利で資金を集めるというなら詐欺の可能性がある。

3.「マイナス金利」で運用難の今の時代に本当に有利な商品ならみんなが飛びつくはずであり、わざわざ広告しないといけないのは詐欺の可能性がある。

加えてこちらの記事も参考になさってください。

>>><備忘録>怪しいファンド、投資案件の見分け方

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

コンテンツ・インデックス

最新版!定期預金 金利比較
預貯金の目安〜みんなはいくらくらい貯めているの?
ライフイベントから考えよう!人生のあのイベント、このイベント、一体いくら必要?
今さら聞けない、預金保険とペイオフのこと
今後の金利見通し/2019年12月更新
定期預金の基礎知識
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
各銀行の口コミ
定期預金関連ニュース
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
定期預金の基礎知識




クチコミ募集中

定期預金に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。


メールの場合はこちらから
メールを送信する

PAGE TOP

※ご参考:今回取り上げたサイトの複写です。