■トップページ > 定期預金関連ニュース > 定期預金関連ニュース

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

お役立ちコンテンツ

貯金・定期預金コラム:
エクシア合同会社(EXIA)のネズミ講スキームが暴露!違法勧誘の可能性も。

定期預金や貯金に関連する最新のニュース、コラムから感じることを徒然なるままにつづっております。少しでも読者のみなさまの参考になれば幸いです。

エクシア




※抜粋

編集部からのコメント

当方のサイト上でアヤシイ投資商品の広告が表示されているのを見たのをきっかけに、これまで連続してそうしたグレー商品の危険性について素人なりに分析してきました。

そして今回取り上げるのはまたまたエクシア合同会社ですね。最近、エクシア社のことしか書いていなくて読者の方も食傷気味かと思いますが、色々と重大情報が入ってきますのでご容赦ください。

なお、「そもそもエクシアって何だっけ?」と思われた方は先にご覧ください。

>>>50代男性「エクシアジャパンは投資詐欺ですか?」

また、過去の検証内容に興味がある方はこちらのコラムもご覧ください。

>>>エクシア合同会社(EXIA)がついた新たなウソと今後の展開

>>>資金繰り悪化!?エクシア合同会社(EXIA)が出金に応じない

>>>エクシア合同会社(EXIA)のウソの続きと最近の異変

>>>エクシア合同会社(EXIA)のウソ

>>>エクシア合同会社(EXIA)がポンジスキームである証拠とは?

>>>2021年7月時点でのエクシア合同会社(EXIA)疑惑点まとめ

>>>サイト内容からエクシア合同会社(EXIA)が増々怪しくなった件と疑惑点まとめ

>>>動画「ポンジスキーム第3弾EXIA編」のとても残念な点

>>>エクシアに関するタレコミや口コミをご紹介

>>>エクシアから出金できないというツイートの報告がありました

>>>EXIA JAPANは詐欺業者、との投稿がありました

>>>46ヶ月連続プラスリターン!エクシア合同への投資は危険?

>>>エクシアはサイト閉鎖中!ステマサイトをチェックしてみる

>>>エクシアジャパンについて金融庁に調べてほしいこと

>>>エクシアジャパンはポンジスキームですか?

さてこれまでいろいろな角度から同社の疑惑について取り上げてきましたが、先日のコラムにて個人的には最終結論に達した感があります。

これまで指摘してきたように最大の疑惑は、運用主体であるEXIA PRIVATE LIMITED社の運用状況がよく分からない点でした。



もしこのEXIA PRIVATE LIMITED社に十分な資産残高があればちゃんと運用されている証拠であり、ポンジスキームではなく、真っ当な投資対象であることになります。

他方で、もしこのEXIA PRIVATE LIMITED社にほとんど資産残高がなければ投資家の資金が溶かされていることになりますので、ポンジスキームと考えて間違いなさそうです。

そんな気になるEXIA PRIVATE LIMITED社の資産内容ですが、2018年の財務情報はこうなっていました。



Total assets=資産は4,236シンガポールドル、1ドル=80円とすると約34万円です・・・オイオイ。

そしてTotal liabilities=負債は115,821ドル、つまり約927万円です・・・オイオイ。

つまりは「EXIA PRIVATE LIMITED社の運用実態は全くない」ということですね!

というわけで、これまで「EXIA PRIVATE LIMITED社で運用しているよ」と言っていたものが空っぽだったわけですから、この決算書が正しいのであればエクシア合同会社がポンジスキームである可能性は高そうです。

実際のところ、4月から出資者の出金申請を全て拒否しており、いよいよ最終局面に至った感がありますね。

そのエクシア合同会社ですが、読者の方から以下のような投稿をいただきました。

−−−

クラブアルケミスタ(株式会社ノークリー、一般社団法人フードデスク、代表 大石武)主催によるエクシア株式会社のセミナー動画です。

見どころ

1:13:16〜 金商法違反発言
1:51:45〜 脱税指南

https://www.nicovideo.jp/watch/sm40437152


−−−

「金商法違反」「脱税指南」とはなかなか刺激的ですが、確認してみると、クラブアルケミスタという有料の投資クラブが、メンバーに対してエクシア合同会社の勧誘をしているという内容になっています。

エクシア合同会社の集金スキームは「社員権の自己募集」という形で、金融庁の管轄の外でお金を集めるというグレーな方式なわけですが、このセミナーでは

・クラブアルケミスタ主催者であり、株式会社ノークリー代表でもある大石武氏がメンバーに直接勧誘する

という形を取っているわけですから、「自己募集」という形式から外れ、金商法違反の可能性がありますね。

加えて、大石氏はただ単にエクシア合同会社での運用を勧誘しているだけでなく、

・メンバーにも別の誰かを勧誘してくることを呼びかける

内容となっており、こうなってくるともう完全に「自己募集」ではなくなってきますのでグレーではなくクロではないかと思います。

いよいよ金融庁が動くキッカケとなるでしょうか。

しかし個人的にもっと衝撃的だったのは、幹部へのキックバック制度が暴露されたことです。具体的にはこのように説明されています。

・毎月の運用成績の50%:出資者へ
・毎月の運用成績の35%:エクシア社へ
・毎月の運用成績の15%:幹部へ

入会時の1回こっきりであればまだ百歩譲ってあり得るかもしれませんが、毎月となると・・・ネズミ講のニオイがしますね。

加えて幹部には15%ですが、その中から幹部の裁量で下層メンバーにコミッションが支払われ、大石氏の場合はこのような設定のようです。

・紹介金額3,000万円未満:毎月15%の中の5%
・紹介金額5,000万円未満:毎月15%の中の7.5%
・紹介金額5,000万円以上:毎月15%の中の10%

もうこれって完全にネズミ講なんじゃないでしょうか?ちなみにネズミ講はれっきとした犯罪です。真相究明が待たれますね。

さらに読者の方から「脱税指南」と注釈があった部分については、

・大石武氏がコミッションを現金で払い、領収書などの紙は残さない

と説明されており、確かに100%脱税指南でした・・・すげーな。

ちなみにこの大石武氏が代表を務める株式会社ノークリーはフィナンシャルアドバイスサービスを提供する会社で、プロのFPとのマッチングサービスである「セカオピ」なども提供しているようです。

表では投資教育を謳いながら裏ではネズミ講の勧誘と脱税指南・・・全く笑えません。



大石氏には何らかのお裁きが下るものと思いますが、しかし本題はエクシアの方ですね。こうしたネズミ講スキームが暴露された以上、同社のポンジスキーム疑惑はほぼ確定的と言えるのではないでしょうか。

繰り返しになりますが、シンガポール法人の中身が空っぽだった時点で確定的ではありましたが。

ついでにもう1つ加えるとすれば、エクシアの運用成績は公表されている出資者へのリターン率の2倍だということです。50%が出資者で、50%がエクシア社と幹部の取り分なわけですからね。



とするとこれまで掲載していたエクシア社の運用成績はこのように変更しないといけません。



CEOの菊地氏は、仮に2008年から100万円で運用をスタートしたとすると、2022年3月現在で15兆8,444億円の資産を保有していることになります。

日本の富豪番付はこうでした。



見事、菊地氏が日本一の富豪となりました!おめでとう!!ってオイ。

これでもう、これまでの運用成績もウソって言うことでいいのではないですかね。

ところで、エクシア合同会社をここまで大きくした責任は、大石氏などのような集金部隊に加え、ネット上でのステマサイトにも大いにあると思うわけですが、その1つがこのような注釈を入れていました。



>>>ステマサイト

エクシアを褒めたたえる内容はそのままに、「推奨するものではない」ってどういうことだよ。もちろん裏ではコミッションが流れているものと思いますので、当局にはしっかりそのあたりにもお裁きを加えてほしいものです。

そして出資者のお金が1円でも多く返ってくることを祈っております。

では前回に引き続き、2022年5月現在のエクシア合同会社の疑惑点についてまとめておきます。

−−−

2022年5月時点のエクシア合同会社(EXIA)の疑惑点まとめ

1.エクシア合同会社の説明によれば、2021年秋以降出金要請が増加する中、2022年4月には出金要請を全て断っており、資金繰りが長期的に相当悪化していると推察される。公表されている利回りで運用できていれば返金しても多額の運用益が残されているはずだが、なぜ返金できないのか。

2.暴露されたエクシア勧誘動画によれば、集められた資金の中から毎月の運用成績の15%が幹部に支払われ続け、そのうち5%〜10%程度が紹介者に支払われ続けるネズミ講スキームであることが判明した。そもそもネズミ講は違法であるが、毎月法外な資金が幹部に流出していることから、自転車操業のポンジスキームである可能性が高まる。

3.エクシア合同会社の運用先であるイギリスのEXIA LIMITED社は2018年7月に解散済み。シンガポールのEXIA PRIVATE LIMITED社は、2017年〜2018年の決算書を見ると債務超過かつ赤字であり運用実態はない。2019年以降は決算書が提出されていないことから、やはり運用実態はほぼないものと思われる。投資家の資金はどこに消えたのか?

4.エクシア合同会社も2020年以降の決算書の開示を取りやめており、「開示できなくなった」と考えるとさらに疑惑が深まる。サイトからは経理顧問や税務顧問も削除された。


5.エクシア合同会社への投資は金融商品取引法の「対象外」で金融庁は関与せず。ポンジスキームでないことを確認するには、最低限、同社が金融商品取引業の登録を受ける必要があるが、いまだに登録を受けられていない(金融庁が許可しなかったという情報あり)。

※なお同社の貸金業登録や、エクシア・アセット・マネジメント株式会社の第二種金融商品取引業(投資助言・代理業)登録、エクシア・デジタル・アセット株式会社の暗号資産交換業者登録は、同社のFX・CFD運用に関する許認可ではないので全く関係ない

6.リスクとリターンは連動しており、特に勝ち負けが激しいFX運用で同社として5年間一度も負けがないというのは信じがたいが、その運用内容や運用記録は開示されていない。

7.同社弁護士から過去3度ほど記事削除の依頼があったが、こちらからの質問にはほとんど回答せずに打ち切り。やましいことがないのであればなぜ一方的に打ち切るのか?その弁護士も、「同社の顔」であった若狭氏も、既に同社から去っている。



8.同社CEOの2017年時点での年間平均利回りは308.44%とのことであり、2008年に100万円でスタートしたとして2017年以降のエクシア社の運用成績(返戻率の2倍)を加えると2022年5月時点の同社CEOの資産は15兆8,444億円となり、日本一の富豪ということになるが、そんな話は聞いたことがない。


※なお同時に併記されていた月間利回り25.70%で計算すると、仮に2008年に1万円でスタートしたとしても2022年5月の時点で2京6,787兆円の金融資産を持っていることになる。ちなみに日本の家計全体では1,901兆円







−−−

最後にいつものように「合同会社への出資」に関する国民生活センターと東京都の注意喚起をご案内しておきます。

>>>相談事例

>>>「合同会社への出資」って何?怪しげなもうけ話に注意!

国民生活センターの指摘通り

・合同会社の社員権の自己募集では、第二種金融商品取引業の登録の必要がなく、消費者保護ルールも十分ではない。

・会社法では合同会社への出資の払戻しには制限があるため、トラブルになった際、消費者にリスクが生じる。

ということです。繰り返しになりますが、合同会社の社員権への出資は投資家を守ってくれる金融商品取引法の「対象外」なのです。

同社への投資をご検討の方は国民生活センターと東京都の以下の言葉をしっかり噛みしめていただければと思います。

・実質的には集団投資スキーム持分の自己募集であるにも関わらず、合同会社の社員権の自己募集というかたちで規制を逃れようとする事業者には注意が必要である。

「合同会社」の仕組みを悪用する事業者がいるので注意しましょう。

慎重にご検討ください。自分のお金は誰も守ってくれません。

ではこれまたいつもご案内しているアヤシイ運用を見分けるチェックポイントはこうなっています。

1.リスクとリターンは連動しており、たとえば毎年5%のリターンなら毎年4%といった損失が、毎年10%のリターンなら毎年9%といった損失が発生する可能性があり、そうした損失発生の可能性を隠しているのであれば詐欺の可能性がある。

2.もし本当にローリスク・ハイリターンのビジネスがあるなら銀行が1%〜2%といった低利で喜んでお金を貸してくれるはずであり、それをわざわざ手間暇かけて個人から高金利で資金を集めるというなら詐欺の可能性がある。

3.「マイナス金利」で運用難の今の時代に本当に有利な商品ならみんなが飛びつくはずであり、わざわざ広告しないといけないのは詐欺の可能性がある。

加えてこちらの記事も参考になさってください。

>>><備忘録>怪しいファンド、投資案件の見分け方


今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

コンテンツ・インデックス

最新版!定期預金 金利比較
預貯金の目安〜みんなはいくらくらい貯めているの?
ライフイベントから考えよう!人生のあのイベント、このイベント、一体いくら必要?
今さら聞けない、預金保険とペイオフのこと
今後の金利見通し/2022年6月更新
定期預金の基礎知識
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
各銀行の口コミ
定期預金関連ニュース
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
定期預金の基礎知識




クチコミ募集中

定期預金に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。


メールの場合はこちらから
メールを送信する

PAGE TOP

※ご参考:今回取り上げたサイトの複写です。