■トップページ > 定期預金関連ニュース > 定期預金関連ニュース

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

お役立ちコンテンツ

貯金・定期預金コラム:
資金ショート!?「みんなで大家さん」の今後の予想

定期預金や貯金に関連する最新のニュース、コラムから感じることを徒然なるままにつづっております。少しでも読者のみなさまの参考になれば幸いです。

みんなで大家さん




※抜粋

編集部からのコメント

当方のサイト上でアヤシイ投資商品の広告が表示されているのを見たのをきっかけに、これまで連続してそうしたグレー商品の危険性について素人なりに分析してきました。

そして今回取り上げるのは都市綜研インベストファンド株式会社が運用する「みんなで大家さん」ですね。商品名を広告などで見た人は少なくないかもしれません。

当サイトでもすでに常連となっておりまして過去のコラムを列挙してみるとこうなります。

>>>いよいよ資金ショートか?「みんなで大家さん」

>>>絶対投資してはいけない「みんなで大家さん」

>>>やっぱり投資してはいけない「みんなで大家さん」

>>>二束三文の「みんなで大家さん」がすぐに破綻しないのはなぜ?

>>>みんなで大家さんの「シリーズ成田」はやっぱりおかしい

>>>みんなで大家さんはシリーズ成田でついにフィナーレか

>>>みんなで大家さんはポンジスキーム?疑惑まとめと破綻しない理由

>>>利回り7%!みんなで大家さん「シリーズ成田5号」に投資してはダメ!

>>>みんなで大家さんの「詐欺被害」に関する注意喚起

>>>ありえない高額転売が続く!みんなで大家さんシリーズ成田2号

>>>ありえない高額転売!みんなで大家さんのシリーズ成田1号

>>>利回り7%!みんなで大家さんの疑惑はまだまだ続く。

>>>伊勢忍者キングダムはヤバイ。みんなで大家さんは疑惑だらけ。

>>>伊勢忍者キングダムは閉鎖中。みんなで大家さんは大丈夫?

>>>情報提供あり!みんなで大家さんファーム1号はやっぱり詐欺?

>>>決算書で露呈!やっぱり、みんなで大家さんは詐欺?

>>>利回り7%!みんなで大家さん40号は魅力的?危険です。

>>>利回り6%!みんなで大家さん38号は魅力的?危険です。

>>>みんなで大家さんの資本増強は自作自演?

>>>ついに見えた!みんなで大家さんの虚偽投資

>>>利回り7%!みんなで大家さん34・35号は荒唐無稽

>>>利回り7.0%!みんなで大家さん33号は魅力的?

>>>利回り7.0%!みんなで大家さん32号は魅力的?

>>>利回り7.0%!みんなで大家さんファーム3号は魅力的?

>>>関係者!?みんなで大家さんの記事に対する指摘を検証

>>>利回り7%!みんなで大家さんの決算はどうなった?

>>>みんなで大家さんファーム2号の記事に対する指摘を検証

>>>利回り7.0%!みんなで大家さんファーム2号は魅力的?

>>>利回り7.1%!みんなで大家さんファーム1号は魅力的?

>>>口コミで怪しいと言われる、みんなで大家さんの最新の評判

>>>利回り7.0%!みんなで大家さんの疑問点をまとめると

>>>利回り6.1%!みんなで大家さんはやはり疑惑だらけ

>>>利回り7%!みんなで大家さん伊勢は魅力的?

>>>元本割れナシ年利6%!みんなで大家さんは魅力的?

>>>6.1%の高金利な投資 みんなで大家さんは魅力的?

>>>みんなで大家さんの債務不履行=デフォルト率は70%?

>>>想定利回り7.0%!みんなで大家さん19号は魅力的?

>>>行政処分!「みんなで大家さん」のその後は?

ここまで証拠が出てくると記者の心証としてはもう、「みんなで大家さんは投資詐欺で間違いない」と思うわけですが、その根拠を「シリーズ成田」に絞って復習するとこうです。

根拠その1:二束三文の不動産物件を高値で投資家に販売している。

現在販売しているシリーズ成田16号の場合、こういう計算となります。

−−−

・想定利回り:7.0%

・物件名:成田空港周辺開発プロジェクト用地

・募集総口数:29,060口(290億円)

・土地面積:21,229m2

・想定賃貸利益:2,542,750千円

−−−

この21,229平方メートルの時価をチェックすると、成田市小菅地区の地価はこうなっています。



>>>ウチノカチ

1平方メートルあたり2,600円ということですから、21,229平方メートルの時価はと言うと・・・

・@2,600円×21,229平方メートル=5,520万円

たったの5,520万円なのですね!これを290億円で投資家に売却しようとしているわけです。詐欺と言ってしまっていいのではないでしょうか。

ちなみに7%の配当に必要な賃料はこういうことになります。

・290億円×7%=20億30百万円

一体、誰が5,520万円の土地を借りるのに年間20億円を超える賃料を払うと言うのでしょうか?荒唐無稽です。

ちなみにここまでのシリーズ成田の時価と募集金額を比較するとこうなります。

・成田シリーズ1号:時価890万円→募集金額20億28百万円

・成田シリーズ2号:時価1,005万円→募集金額22億92百万円

・成田シリーズ3号:時価704万円→募集金額37億円

・成田シリーズ4号:時価702万円→募集金額36億92百万円

・成田シリーズ5号:時価495万円→募集金額26億4百万円

・成田シリーズ6号:時価872万円→募集金額45億88百万円

・成田シリーズ7号:時価593万円→募集金額31億20百万円


・成田シリーズ8号:時価860万円→募集金額45億24百万円


・成田シリーズ9号:時価964万円→募集金額50億72百万円


・成田シリーズ10号:時価1,002万円→募集金額52億72百万円


・成田シリーズ11号:時価1,697万円→募集金額89億36百万円


・成田シリーズ12号:時価2,890万円→募集金額152億12百万円


・成田シリーズ13号:時価4,622万円→募集金額243億36百万円


・成田シリーズ14号:時価4,819万円→募集金額253億72百万円


・成田シリーズ15号:時価5,300万円→募集金額279億円


・成田シリーズ16号:時価5,520万円→募集金額290億円


募集金額を増やしていかないと資金ショートしてしまうのがポンジスキームの大変なところですが、ここまでで総額1,677億円となります。いやはや過去最大級の投資詐欺となりそうですね。

根拠その2:工事が全く進んでいない。

シリーズ成田対象エリアの2023年9月現在の状況はこのようになっています。

>>>ゲートウェイ成田



つまりは造成のみが行われているということです。その造成工事もストップしていて、だいぶ緑が増えてきましたね。一体何の意味があったのか・・・。

ちなみに1年前の2022年11月の状況はこうです。



1年 経過しても何も変わっていないということです。

2021年2月の「シリーズ成田1号」の募集開始からもう2年半以上が経つのに建物1つ建っていませんし、基礎工事すら行われていません。明らかに異常です。

集められた1,700億円近いお金は一体どこに行ったのでしょうか?

根拠その3:どうやって配当しているか分からない。

投資家に約束した7%もの高配当を続けるためには投資したビジネスが軌道に乗って十分儲かる必要がありますが、シリーズ成田については上記の通り未だに土地のままです。建物が建っていないので賃料は入ってきません。

どうやって配当しているのでしょうか?

・・・というかポンジスキームなのでしょうけれど。

さていつもご案内しているように、「シリーズ成田」は、これまでの建物を購入するパターンと違って実際に建物を建設しないといけません。

つまりは集めたお金を配当に回してばかりではダメで、壮大な建設投資が必要になってきます。7%の配当を続け、解約にも応じ、「伊勢忍者キングダム」などの赤字のビジネスを存続させながら、成田の建物を建てていくのは困難だと思います。

建設の進捗を見れば同社の資金繰りが一目瞭然となるだけに、このシリーズ成田がみんなで大家さんのフィナーレとなる可能性は十分あると延べてきたわけですが、前回の投稿で、同社のリリースをご紹介しました。

−−−

・昨今のコロナ禍による経済の停滞、及びウクライナ紛争下における不安定な経済環境に鑑み、現在開発計画の変更を試みております。

・現在のところ以下の目標スケジュールで進行しております。

1.計画の変更手続き;〜2024年3月末
2.造成工事;〜2024年11月末完成予定(本年6月末で工事を一旦休止し2024年4月に工事再開予定)
3.建築工事;2024年12月〜2026年12月を予定
4.開業;2026年度末を予定

・第二期事業計画については、2029年度末を開業目標として、準備を進めております。

https://narita-gateway.com/news/480/

−−−


ついに工事そのものを一旦中止するということで、グループ全体での資金ショートの可能性を強く示唆する内容でした。

その後、2023年8月3日にはこのような発表をしています。

−−−

・本年6月末で工事の工程調整とその準備期間として2024年4月に現場作業の全面的な再稼働を予定としておりましたが、その後の調整の結果、現在も工事を継続しており、本年8月末までには現場作業を一時的に停止するなどの調整期間に入る見込みとなっております。

・工事の現場作業の全面的な再稼働については、都市インフラ設備の変更計画と申請手続きの状況により変動致しますが、2024年3月頃の予定となっております。

・造成工事の完成予定は、2024年11月末としておりましたが、現在のところ同年12月の完成を目指して各種手続きを行っております。

・建築工事の着工時期については準備を含めて変わらず、開業は2026年度末を予定しております。

https://narita-gateway.com/news/581/

−−−

もっともらしいことをツラツラ書いていますが、間違いなく言えることは、来年3月に現場作業が再稼働することはないし、来年12月に造成工事が完成することはないし、2027年3月に開業することはない、ということです。

もし完成を目指しているのであれば1日も早く完成させるはずです。その間も年間120億円近い巨額の配当をし続けないといけないわけですからね!

逆に「延期作戦」に入ったということは、色々な言い訳をしながら延期を繰り返すことで工事にお金を使うのはやめ、配当に専念し、ポンジスキームの1日も長い延命に注力し始めたということなのでしょう。

ただ収入がないのに配当するわけですから、新規資金を集め続けないといけないのがポンジスキームの辛いところです。

工事がストップしているのに新規資金を集められるのでしょうか?そして工事がストップしているのに既存の出資者をいつまで騙し続けられるのでしょうか?

いつ破綻するのかは分かりませんが、破綻の日が近づいているのは間違いなさそうです。

では最後に、いつもご案内しているアヤシイ運用を見分けるチェックポイントはこうなっています。

1.リスクとリターンは連動しており、たとえば毎年5%のリターンなら毎年4%といった損失が、毎年10%のリターンなら毎年9%といった損失が発生する可能性があり、そうした損失発生の可能性を隠しているのであれば詐欺の可能性がある。

2.もし本当にローリスク・ハイリターンのビジネスがあるなら銀行が1%〜2%といった低利で喜んでお金を貸してくれるはずであり、それをわざわざ手間暇かけて個人から高金利で資金を集めるというなら詐欺の可能性がある。

3.「マイナス金利」で運用難の今の時代に本当に有利な商品ならみんなが飛びつくはずであり、わざわざ広告しないといけないのは詐欺の可能性がある。

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

コンテンツ・インデックス

最新版!定期預金 金利比較
預貯金の目安〜みんなはいくらくらい貯めているの?
ライフイベントから考えよう!人生のあのイベント、このイベント、一体いくら必要?
今さら聞けない、預金保険とペイオフのこと
今後の金利見通し/2024年6月更新
定期預金の基礎知識
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
各銀行の口コミ
定期預金関連ニュース
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
定期預金の基礎知識




クチコミ募集中

定期預金に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。


メールの場合はこちらから
メールを送信する

PAGE TOP

※ご参考:今回取り上げたサイトの複写です。