■トップページ > 定期預金関連ニュース > 定期預金関連ニュース

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

お役立ちコンテンツ

貯金・定期預金コラム:
投資詐欺疑惑エクシア合同会社(EXIA)の菊地代表個人に対して初めての賠償命令!

定期預金や貯金に関連する最新のニュース、コラムから感じることを徒然なるままにつづっております。少しでも読者のみなさまの参考になれば幸いです。

エクシア




※抜粋

編集部からのコメント

当方のサイト上でアヤシイ投資商品の広告が表示されているのを見たのをきっかけに、これまで連続してそうしたグレー商品の危険性について素人なりに分析してきました。

そして今回取り上げるのはまたまたエクシア合同会社ですね。

なお、「そもそもエクシアって何だっけ?」と思われた方は先にご覧ください。

>>>50代男性「エクシアジャパンは投資詐欺ですか?」

また、過去の検証内容に興味がある方はこちらのコラムもご覧ください。もうかれこれ4年となるのですねー早い。

>>>投資詐欺疑惑エクシア合同会社(EXIA)は裁判で敗訴も代表個人への請求は棄却。次の展開は?

>>>実質的に破綻したエクシア合同会社(EXIA)。民事裁判はどうなった?

>>>エクシア合同会社(EXIA)は破綻。民事裁判と刑事裁判の行方を見守るのみ。

>>>エクシア合同会社(EXIA)は規制強化と裁判多発で退路なし。

>>>ついに金融庁が動く!エクシア合同会社(EXIA)は終焉へ。

>>>エクシア合同会社(EXIA)のネズミ講スキームが暴露!違法勧誘の可能性も。

>>>エクシア合同会社(EXIA)がついた新たなウソと今後の展開

>>>資金繰り悪化!?エクシア合同会社(EXIA)が出金に応じない

>>>エクシア合同会社(EXIA)のウソの続きと最近の異変

>>>エクシア合同会社(EXIA)のウソ

>>>エクシア合同会社(EXIA)がポンジスキームである証拠とは?

>>>2021年7月時点でのエクシア合同会社(EXIA)疑惑点まとめ

>>>サイト内容からエクシア合同会社(EXIA)が増々怪しくなった件と疑惑点まとめ

>>>動画「ポンジスキーム第3弾EXIA編」のとても残念な点

>>>エクシアに関するタレコミや口コミをご紹介

>>>エクシアから出金できないというツイートの報告がありました

>>>EXIA JAPANは詐欺業者、との投稿がありました

>>>46ヶ月連続プラスリターン!エクシア合同への投資は危険?

>>>エクシアはサイト閉鎖中!ステマサイトをチェックしてみる

>>>エクシアジャパンについて金融庁に調べてほしいこと

>>>エクシアジャパンはポンジスキームですか?

さてこれまでいろいろな角度から同社の疑惑について取り上げてきましたが、2022年4月にはついに返金を停止するに至りました。

年利30%を超えるような華麗な利回りを喧伝してきたわけですから、運用資金は元本の数倍に膨れ上がっており、いくら返金要請が来ても余裕で返済できるはずです。

ところが返金できなくなったということは・・・運用実績はデタラメであり、ポンジスキームの自転車操業がついに行き詰ったということなのでしょう。これまでの同社の破綻までの経緯をざっくりと振り返るとこうなります。

・2022年4月:返金停止。

・2022年7月:エクシアを相手取る民事裁判開始。

・2022年10月:金融庁が合同会社の社員権の自己募集について規制強化。

・2022年11月:オフィス撤退、債務不履行(破綻)。

・2023年4月:初判決、エクシア敗訴。

今年の4月24日に初と思しき判決が出ており、ツイッターから抜粋するとこうです。

エクシア合同会社に初の判決 3148万円6123円の賠償を命じる。請求の満額

エクシアは敗訴したわけですね。ツイートを読むとエクシア側の弁護士が

「計算書類(決算書類)等、再度出すつもりはない。」

と発言したようで、なかなか興味深いです。もし何もやましいことがなければ裁判に勝ちたいはずですから、決算書類等、裁判所が求める資料は全て提出するはずです。それをしないということは・・・自ら「やましいことがあるので出せません」と言っているようなものですね。

それ以降の動きについてはこのようにまとめられていました。



>>>https://semi-reti.seesaa.net/article/501577267.html

証拠を示さないわけですから、会社としてのエクシアが敗訴するのは当然として、気になるのは、代表である菊地氏への請求が棄却されてきた点です。

恐らくこれは裁判所がまだ「エクシアが破綻したと認めていない」、つまりは「エクシアが破綻した証拠がない」ということなのでしょうね。上記の通り計算書類=決算書などを提出しなければそういうことになるのかもしれません。

とは言いつつ返金が完全にストップし、給与未払いなどの債務不履行を起こしているわけですから、エクシアが実質的に破綻したのは自明です。面倒な判断を避けた裁判所の怠慢のようにしか見えないですね。

その間にも菊地代表を始め幹部が野放しにされ、涼しい顔をして散財し、場合によっては財産隠しも行われていると思うと歯がゆいです。少なくとも財産保全については速やかに行われてほしいものですね。

そんな隔靴掻痒の感のある民事裁判でしたが、上記記録にあるように11月2日の判決にて、初めて菊地個人に対する賠償命令が出ました!ようやくですね。

ただしこれは弁護士が辞任したことによる欠席裁判だったようで、裁判所が菊地個人の会社に対する監督責任に踏み込んでいない点には注意が必要です。虚偽の利回りで多額のお金を集めて溶かしてしまったわけですから、誰がどう見ても菊地代表に責任があるのは明らかですが。

ツイッターで最新の裁判状況をチェックしてみると、菊地代表は新たな弁護士を雇ったようですので、菊地個人が敗訴ラッシュとなるのはもう少し先となりそうです。

しかし菊地氏が反省して出資者に真摯にお詫びすることは永遠になさそうですね。弁護士費用も元はと言えば出資金から賄われているという点も何とも皮肉な話ではあります。

菊地代表のみならずエクシアで甘い汁を吸った人々を一網打尽にするためには、まずは不法行為が認定される必要がありますので、通らなければいけない道ではあるのでしょうけれど。

ちなみに上記まとめサイトを見ていたら、ネットで積極的にエクシアを推奨していたブロガーが逮捕されたようですね。「エクシア」で検索すると上位に表示されていたブログですので目にした方もいるかもしれません。「さっちゃん」と名乗っていた人物です。



>>>https://semi-reti.seesaa.net/article/501439978.html

逮捕のニュースを転載するとこうなっています。





「有用な情報を教えているだけ」と言った主張をしていたような気がしますが、結局のところは私利私欲だったということですね。投資詐欺を広めた罪を、塀の中で十分反省してほしいと思います。

エクシアの幹部たちが塀の中で反省する日はいつ来るのでしょうね?そろそろ警察にも動いてほしいものです。

次回、エクシアを取り上げる時には、状況が大きく進展していることを祈りたいと思います。

最後に、いつもご案内しているアヤシイ運用を見分けるチェックポイントはこうなっています。

1.リスクとリターンは連動しており、たとえば毎年5%のリターンなら毎年4%といった損失が、毎年10%のリターンなら毎年9%といった損失が発生する可能性があり、そうした損失発生の可能性を隠しているのであれば詐欺の可能性がある。

2.もし本当にローリスク・ハイリターンのビジネスがあるなら銀行が1%〜2%といった低利で喜んでお金を貸してくれるはずであり、それをわざわざ手間暇かけて個人から高金利で資金を集めるというなら詐欺の可能性がある。

3.「マイナス金利」で運用難の今の時代に本当に有利な商品ならみんなが飛びつくはずであり、わざわざ広告しないといけないのは詐欺の可能性がある。


今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

コンテンツ・インデックス

最新版!定期預金 金利比較
預貯金の目安〜みんなはいくらくらい貯めているの?
ライフイベントから考えよう!人生のあのイベント、このイベント、一体いくら必要?
今さら聞けない、預金保険とペイオフのこと
今後の金利見通し/2024年6月更新
定期預金の基礎知識
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
各銀行の口コミ
定期預金関連ニュース
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
定期預金の基礎知識




クチコミ募集中

定期預金に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。


メールの場合はこちらから
メールを送信する

PAGE TOP

※ご参考:今回取り上げたサイトの複写です。