■トップページ > 定期預金関連ニュース > 定期預金関連ニュース

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

お役立ちコンテンツ

貯金・定期預金コラム:
みんなで大家さんは行政処分からの返金停止でついに破綻へ

定期預金や貯金に関連する最新のニュース、コラムから感じることを徒然なるままにつづっております。少しでも読者のみなさまの参考になれば幸いです。

みんなで大家さん




※抜粋

編集部からのコメント

当方のサイト上でアヤシイ投資商品の広告が表示されているのを見たのをきっかけに、これまで連続してそうしたグレー商品の危険性について素人なりに分析してきました。

そして今回取り上げるのは都市綜研インベストファンド株式会社が運用する「みんなで大家さん」ですね。商品名を広告などで見た人は少なくないかもしれません。

当サイトでもすでに常連となっておりまして過去のコラムを列挙してみるとこうなります。

>>>みんなで大家さんはこれだけ危ないのに、倒産しない理由はなぜですか?

>>>工事ストップ中のみんなで大家さん「シリーズ成田」。賃料はどこから?

>>>資金ショート!?「みんなで大家さん」の今後の予想

>>>いよいよ資金ショートか?「みんなで大家さん」

>>>絶対投資してはいけない「みんなで大家さん」

>>>やっぱり投資してはいけない「みんなで大家さん」

>>>二束三文の「みんなで大家さん」がすぐに破綻しないのはなぜ?

>>>みんなで大家さんの「シリーズ成田」はやっぱりおかしい

>>>みんなで大家さんはシリーズ成田でついにフィナーレか

>>>みんなで大家さんはポンジスキーム?疑惑まとめと破綻しない理由

>>>利回り7%!みんなで大家さん「シリーズ成田5号」に投資してはダメ!

>>>みんなで大家さんの「詐欺被害」に関する注意喚起

>>>ありえない高額転売が続く!みんなで大家さんシリーズ成田2号

>>>ありえない高額転売!みんなで大家さんのシリーズ成田1号

>>>利回り7%!みんなで大家さんの疑惑はまだまだ続く。

>>>伊勢忍者キングダムはヤバイ。みんなで大家さんは疑惑だらけ。

>>>伊勢忍者キングダムは閉鎖中。みんなで大家さんは大丈夫?

>>>情報提供あり!みんなで大家さんファーム1号はやっぱり詐欺?

>>>決算書で露呈!やっぱり、みんなで大家さんは詐欺?

>>>利回り7%!みんなで大家さん40号は魅力的?危険です。

>>>利回り6%!みんなで大家さん38号は魅力的?危険です。

>>>みんなで大家さんの資本増強は自作自演?

>>>ついに見えた!みんなで大家さんの虚偽投資

>>>利回り7%!みんなで大家さん34・35号は荒唐無稽

>>>利回り7.0%!みんなで大家さん33号は魅力的?

>>>利回り7.0%!みんなで大家さん32号は魅力的?

>>>利回り7.0%!みんなで大家さんファーム3号は魅力的?

>>>関係者!?みんなで大家さんの記事に対する指摘を検証

>>>利回り7%!みんなで大家さんの決算はどうなった?

>>>みんなで大家さんファーム2号の記事に対する指摘を検証

>>>利回り7.0%!みんなで大家さんファーム2号は魅力的?

>>>利回り7.1%!みんなで大家さんファーム1号は魅力的?

>>>口コミで怪しいと言われる、みんなで大家さんの最新の評判

>>>利回り7.0%!みんなで大家さんの疑問点をまとめると

>>>利回り6.1%!みんなで大家さんはやはり疑惑だらけ

>>>利回り7%!みんなで大家さん伊勢は魅力的?

>>>元本割れナシ年利6%!みんなで大家さんは魅力的?

>>>6.1%の高金利な投資 みんなで大家さんは魅力的?

>>>みんなで大家さんの債務不履行=デフォルト率は70%?

>>>想定利回り7.0%!みんなで大家さん19号は魅力的?

>>>行政処分!「みんなで大家さん」のその後は?

ここまで証拠が出てくると記者の心証としてはもう、「みんなで大家さんは投資詐欺で間違いない」と思うわけですが、その根拠を「シリーズ成田」に絞って復習するとこうです。

根拠その1:二束三文の不動産物件を高値で投資家に販売している。

シリーズ成田17号の場合、投資対象である土地の時価はと言うとたったの2,921万円なのですね。これを148億円で投資家に売却しようとしているわけです。詐欺と言ってしまっていいのではないでしょうか。

ちなみに7%の配当に必要な賃料はこういうことになります。

・148億円×7%=10億36百万円

一体、誰が2,921万円の土地を借りるのに年間10億円を超える賃料を払うと言うのでしょうか?荒唐無稽です。

なお17号までのシリーズ成田の募集金額は総額1,825億円となっていました。過去最大級の投資詐欺となりそうですね。

根拠その2:工事が全く進んでいない。

シリーズ成田対象エリアは昨年8月から工事がストップしているようですが、しかし2021年2月の「シリーズ成田1号」の募集開始からその時点で2年半経ってるわけで、建物どころか基礎工事すら行われていないのは明らかに異常事態です。

シリーズ成田はこのまま何も建たずに終わりそうですが、集められた1,800億円を超えるお金は一体どこに行ったのでしょうか?

根拠その3:どうやって配当しているか分からない。

投資家に約束した7%もの高配当を続けるためにはビジネスが軌道に乗って十分儲かる必要がありますが、シリーズ成田については上記の通り未だに土地のままです。建物が建っていないので賃料は入ってきません。そもそも工事そのものがストップしていますしね。

ではどうやって配当しているのでしょうか?

シンプルに考えればやはり他の人の出資金を配当に回す自転車操業が行われていると推測されます。だって売上がないわけですから。

つまりはポンジスキームなのでしょう。

さてそんな「シリーズ成田」を始めとする数多くのポンジ案件を販売してきたみんなで大家さんですがついに、行政処分が言い渡されました。事由を抜粋するとこうなります。

−−−

1.被処分者は、成田16号商品において、成田市の開発許可の対象ではない土地を対象不動産に含んでいるにもかかわらず、対象不動産について成田市開発許可により開発許可済みであると契約成立前交付書面及び契約成立時交付書面に事実と異なる記載をした。

さらに、対象不動産の誤りを是正するため開発許可を得た他の土地との交換処理を行った際に、事業参加者から契約変更の同意を得る必要があるにもかかわらず、事業参加者から申出がない場合、契約に同意したものとみなすこととした。

2.被処分者は、X社が成田PJの計画見直しを行った際に、X社の事業プランの変更が、土地の資産性に大きく影響を及ぼす可能性のある重要な事項であると認識していたが、実際の説明は令和5年5月19日付けX社グループ「共生日本ゲートウェイ成田プロジェクトについての近況報告」を送付して説明するにとどまっており、事業プラン変更後の対象不動産の資産価値、将来的な収益性や実現可能性への影響といった、事業参加者等が投資判断を行う上で重要となる事項が何ら説明されておらず、土地の資産性に大きく影響を及ぼすことの説明としては、十分な説明を果たしているとは認め難い。

3.被処分者は、成田商品に係る契約成立前交付書面において、「宅地造成工事完了時における形状・構造等」について、十分記載しておらず、少なくとも対象不動産の構造についての記載が不足していると認められる。

https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2024/06/17/documents/08_01.pdf

−−−

全くもって疑惑の本質に突っ込めておりませんが、このあたりが不動産特定共同事業法の限界ということなのですかねぇ。疑義があればお金の流れを含めてズバっと切り込める捜査権限の拡充を含めた法律改正が必要そうです。

実際のところ、この「みんなで大家さん事件」を契機に法律改正の流れになるのでしょうけれど。

でもって処分内容を抜粋すると以下の通りです。

−−−

1.業務の一部停止

2.「みんなで大家さん成田16号」の対象不動産の変更に関し、契約変更又は解約の意思を明確に確認できていない事業参加者に対し、契約の変更に応ずる意思があるかを速やかにかつ明確に確認して報告すること。

3.「共生日本ゲートウェイ成田プロジェクト」に関し、計画見直しが土地の資産性に大きく影響を及ぼし、当該土地の最終的な売却の可否又は売却価格に影響が生じるリスクがあること、計画見直し後の対象不動産の資産価値(例えば鑑定評価額など)、将来的な収益性や実現可能性への影響について、十分に理解できるよう説明すること。

4.開発中の造成工事の状況等、造成工事の完了時期・建物計画を含んだ構想が実現するのか等の具体的見通しについて説明すること。

5.今回の処分理由及びこれに対する処分内容等について説明すること。

6.成田商品の解約の申出があった場合には誠実かつ適切に行うなど、事業参加者の保護には万全を期すこと。

−−−

業務の一部停止については当初1ヶ月でしたが、こちらは不服申し立てが認められて「正式な判決が出るまでの間は停止処分は停止」ということになっています。

https://www.minnadeooyasan.com/_assets/pdf/20240625_document.pdf

ただそうは言いつつあくまで「正式な判決が出るまでの間」ということですし、裁判所からの決定文には

−−−

申立人は成田商品について新たに募集・販売する予定はない

−−−

という記載もあります。もしこれが本当なら、毎年少なくとも利払いだけでも約1,800億円×7%=126億円の資金が必要です。そもそも成田では施設ができていないので賃料が入りようがありませんから、新規資金が入らなければ破綻は間違いないですね。

ちなみにこの決定に対して同社は



とリリースしていますが、そもそも判決が出たわけではありませんし、今回の決定の背景としてはこう述べられています。

−−−

・ 社会的信用が失墜し、当該事業者と出資者との信頼関係が失われれば、出資者から解約等の申出が相次ぐなどし、当該事業者の事業の遂行が困難となることが想定される。

・疎明資料によれば、実際に申立人は、本件停止処分が公表された令和6年6月17日午後5時から翌18日午後5時までの24時間の間に470名を超える出資者からの契約解除の申し出を受けており、これらの申入れに係る出資金総額は約28億円に上ると認められる。

・これらの事情等を踏まえれば、本件停止処分の効果が継続し、申立人の営む不動産特定共同事業業務の一部が停止された状態が続けば、申立人の社会的信用がさらに失墜し、申立人と出資者との間の信頼関係が失われ、ひいては、申立人の営む事業全体について、その遂行が困難となる事態も生じ得るというべきである。

−−−


つまりは「業務停止処分によって破綻してしまう可能性があるから判決が出るまでは待ってよい」ということで、「主張が認められた!」と誇っていいような筋合いのものではありません。

というか・・・全く反省していないですね!完全に潰さないとまた同じことを繰り返しますね、これは。

そしてこの「28億円」の返金要請を受けて、早速返金を停止しています。



おいおい、1,800億円集めておいて28億円が返金できないというのは一体どういう理屈なんだ?

処分命令である「成田商品の解約の申出があった場合には誠実かつ適切に行うなど、事業参加者の保護には万全を期すこと」を早速破っているとも言えます。

昨年の決算書を見ると都市綜研インベストファンド社に残っている現預金は141億円であり、これだけに限れば返金停止をしても1年もすれば利払いに窮して破綻するでしょう。



とは言え二束三文の土地を1800億円以上で投資家に売ったわけですからそのほぼ同額の利益がグループ内にもたらされたはずです。

逃げ得なんてあり得ませんから、行政・司法の手でしっかり回収してほしいものです。

しかし筆者が最初にコラムに書いてからもう10年ですか。行政の無策についても糾弾されるべきですね。

では最後に、いつもご案内しているアヤシイ運用を見分けるチェックポイントはこうなっています。

1.リスクとリターンは連動しており、たとえば毎年5%のリターンなら毎年4%といった損失が、毎年10%のリターンなら毎年9%といった損失が発生する可能性があり、そうした損失発生の可能性を隠しているのであれば詐欺の可能性がある。

2.もし本当にローリスク・ハイリターンのビジネスがあるなら銀行が1%〜2%といった低利で喜んでお金を貸してくれるはずであり、それをわざわざ手間暇かけて個人から高金利で資金を集めるというなら詐欺の可能性がある。

3.「ゼロ金利」で運用難の今の時代に本当に有利な商品ならみんなが飛びつくはずであり、わざわざ広告しないといけないのは詐欺の可能性がある。

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

コンテンツ・インデックス

最新版!定期預金 金利比較
預貯金の目安〜みんなはいくらくらい貯めているの?
ライフイベントから考えよう!人生のあのイベント、このイベント、一体いくら必要?
今さら聞けない、預金保険とペイオフのこと
今後の金利見通し/2024年7月更新
定期預金の基礎知識
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
各銀行の口コミ
定期預金関連ニュース
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
必見!人気記事アーカイブ




クチコミ募集中

定期預金に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。


メールの場合はこちらから
メールを送信する

PAGE TOP

※ご参考:今回取り上げたサイトの複写です。