■トップページ > 預金・貯金・資産運用の悩み相談室<50代女性「老後は年金もあてにならず、金利もあまりにも低く途方にくれています。」>

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

お役立ちコンテンツ

預金・貯金・資産運用の悩み相談室

預金・貯金・資産運用に関する読者の方々の悩みに回答していきます。ご相談はこちらから。
今月のお悩みは・・・

50代女性「老後は年金もあてにならず、金利もあまりにも低く途方にくれています。」


質問 :老後は、年金もあてにならず銀行で貯金をしてますが金利があまりにも低く途方にくれてます。

今、積み立てニーサなど投資も視野に入れてますが元本割れもありうる事なのでどうしていいものかと考えます。

<50代女性>


回答 : 読者の方から上記のような質問をいただきました。他に同様のお悩み相談があれば月1回程度の頻度で回答していこうと思いますので、もし質問したいという方はこちらの投稿フォームから送信してください。もちろん個人情報は不要です。

さて質問内容に戻りまして、老後の生活に対する不安についてですね。確かに金利はあまりに低いし、投資にはリスクがあるし、さらに年金制度もこのままでは維持不可能となれば不安に感じるのは当然だと思います。

では記者が老後に大きな不安を感じているかと言うとそれはありません。貯金があるから?違います。遺産が期待できるから?ちょっとは期待していますが違います。なぜかと言えば、「死ぬまで働けばいい」と思っているからですね。

仮に時給1,000円の仕事を毎日5時間、週5日間するとすれば月10万円になります。年間120万円ですね。仮にこのリターンを定期預金の利息で生み出そうとすると今の主要銀行の利率は0.01%ほどですから、元本にして120億円相当ということになります。

つまり我々の健康な体と働く意思は「120億円の価値がある」ということになります。ざっくり70代前半くらいまでは1日5時間くらいなら元気に働けるのではないでしょうか?

ちょっと計算すれば分かりますが、そのような定期収入があるだけで老後のキャッシュフローは劇的に改善されます。

折しも今の日本は「人手不足」の状態ですし、今後も少子高齢化が進む中でそうした傾向は続いていくものと思いますので、これから老後を迎える方には有利な状況と言えます。

加えて質問者の方は50代ということですから、老後までに十分な時間があります。たとえば英語や中国語などを学ぶことで、増え続ける訪日客のガイドなどもできるかもしれませんね。

ただこのままだと質問に答えていない気もしますので老後資金の運用についてお答えすると、仮に現在55歳として、老後までに10年以上あるのであれば、「積み立てNISA」などの投資を行っても全く問題ないと思います。

と言うのも、どんな金融危機が起きても10年経てば株価は大抵元に戻ってきた歴史があるからですね。たとえばNYダウの過去の株価推移をみるとこうなっています。



2008年にリーマンショックが起きたわけですが、現在の株価はそれをはるかに大きく上回っています。

次に日経平均をチェックしてみるとこうなっています。



こちらも同様ですね。

誤解してほしくないのは、「このまま株価が上昇していきますよ」と言っているわけではない点です。むしろ記者の感覚としては逆で、恐らく数年以内に世界景気は後退を始め、深刻な株価下落局面がやってくるのではないかと思っています。

しかしそれでも「一時的に投資リターンがマイナスになっても10年運用していればプラスになる可能性が高い」と言いたいわけですね。

ただしこれはあくまで「一般論」ですので、個別の国の事情によっては10年間経ってもマイナスとなる可能性があり得ます。それを避けるためにも先進国・新興国にバランスよく分散して投資することが重要になってきます。

特に日本は経済の面でも、政治の面でも、財政の面でも、「課題先進国」ですからね。より世界に幅広く投資するスタンスが重要だと思います。

なお老後資金の運用に関して最大のポイントは「失敗が許されない」ということです。若い時に100万円損しても笑い話となりますが、老後が近づくタイミングでの100万円の損は全く笑えません。

ワンルームマンションやシェアハウスなどの不動産投資、仮想通貨投資、ヘッジファンド、クラウドファンディング、ソーシャルレンディングなど、おいしそうな話は多くありますが、これらのリスクが読めない投資には絶対手を出さないことが肝要です。

では「怪しい投資」と「怪しくない投資」をどう見分ければいいのでしょうか?

最もシンプルかつ分かりやすいのは「銀行が販売している商品だけを利用する」というものですね。

免許業界である銀行界では顧客トラブルを最も恐れます。顧客トラブルを誘発しそうな商品を販売することはまずありません。

「だから銀行が勧めてくる商品を何でも買っていい」というわけではもちろんありませんが、しかしそれでも得体のしれない商品に投資してしまうよりはるかにマシです。

思い起こせばリーマンショックの時、真っ先につぶれたのは投資マンションの販売会社でしたからね・・・。

そうしたわけで、老後の生活に向けては

1.いつまでも働ける健康が最も大切

2.投資も10年以上できるなら大丈夫

3.ただし銀行が扱っていないような商品に手を出しては絶対ダメ

という点をアドバイスさせていただければと思います。

参考になさってください。

>>>預金・貯金・資産運用のお悩み相談はこちらから

>>>最新の定期預金比較/金利ランキングはこちら

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

コンテンツ・インデックス

最新版!定期預金 金利比較
預貯金の目安〜みんなはいくらくらい貯めているの?
ライフイベントから考えよう!人生のあのイベント、このイベント、一体いくら必要?
今さら聞けない、預金保険とペイオフのこと
今後の金利見通し/2018年9月更新
定期預金の基礎知識
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
各銀行の口コミ
定期預金関連ニュース
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
定期預金の基礎知識



クチコミ募集中

定期預金に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。


メールの場合はこちらから mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP